FC2ブログ
web拍手 by FC2
2015-03-17

白夜のシーメール肛虐華・リーラ 3話

白美女01

「領地経営って・・・あっ、あっ・・・む、難しいモノね・・・」

領地の館、夫婦の寝室のベッドの中で夫の腕に抱かれながら、リーラがポツリと呟いた。 夫のユーリーの手は、リーラの美乳の頂き・・・敏感な乳首をコリコリと摘まんでこね回している。 その痛気持ち良い快感に身を任せ乍ら、リーラは夫に身を委ねている。

「急に、どうしたんだい? リーラ?」

妻の言葉に訝しげな表情を浮かべながら、夫のユーリーは更に妻のリーラのケツマンコの肛蕾を指でなぞり、爪で軽く引っ掻いて、やばてズブッと挿入する。 可愛らしい悲鳴を上げる妻の可愛らしい姿に満足しつつ、その肛道の肛肉をゆっくり、じっくり嬲る様に搔き回す。

夫の愛撫に再び肛姦の官能の炎が点ったリーラは、美貌を官能の羞恥の朱色に染め乍ら、片手で自分の乳首をキュッ、キュッと摘み上げ、片手でペニクリを自慰して慰める。 そして甘い声を漏らしつつ、再び夫に問うた。

「んっ、あんっ・・・あなた・・・だって、くふんっ! 今日の領民への説明だって・・・」

領地に着いた翌日、ユーリーは領民の代表者たちに対して、土地配分の説明を行ったのだ。 その時の芳しくない様子は、妻のリーラも目にしていた。

ロシアでは長らく農奴制が施行され続けていた。 この農奴制は、ロシアの農業それ自体の発展にとっても、ひとつの障壁となっていた。 技術改良への意欲は失われ、自暴自棄からくる農奴の反抗をかえって助長したからである。 1828年から1829年にかけては85件もの農民蜂起があり、1855年から1861年にかけては、その件数は474件におよんだ。

18世紀末、農奴解放令が出される直前の統計では、農奴人口(戸主)は1000万人ほどだった。 あくまで『一家の主』の数であって、その家族を含めれば、農奴階層は6000万人程度居たのではなかろうか。 農奴では無い国有地農民(戸主)も約1000万人ほどであって、『実質的な農奴農民』層の総人口は、その家族を含めて1億2000万人ほども居たと推定される(当時の帝政ロシア帝国の人口は、約1億5600万人)

対してロシア帝国では、一代貴族の殆どが官吏であり(ロシア帝国では、官僚の指定等級に達すれば、一代貴族となれた)、官吏・一代貴族層の人口はおよそ170万人ほどだった。 世襲貴族は60万人ほどで、この内、領地内に農奴を所有者する者はわずか9万人ほど。

貴族として体面を保つには100人以上の農奴が必要とされるが、農奴所有貴族のうち約78%は農奴所有数100人以下であり、100人以上所有の中流貴族は約22%、1000人以上の上流貴族は1%に過ぎなかった。
上流貴族の1%(当主が約900人=900家)で、180万~200万人ほどの農奴を所有していたのだ。 そしてその大地主たる大貴族たちは、平均して3万デシャチナ(帝政時代のロシアの面積単位。 1デシャチナ=1.0925ヘクタール)もの広大な土地を所有していた。

3万デシャチナ・・・約3万2800ヘクタール、8万1000エーカーである。 因みに英国の上級貴族の場合、爵位(男爵位)を有する階層以上は、領地として1万エーカー以上の領地を所有していた。
その広大な領地から上がる地代は莫大なもので、およそ1500~1600デシャチナの土地からの収益が(地主の収益が)、年平均で4000ルーブルほどである。 その20倍・・・平均の地代収益が8万ルーブルにも達する。 彼らはその資金を更に投資なり、利殖を重ねて膨らませていた。

片や、国民の96%を占める庶民・農民・貧民の年収は100~260ルーブル(100万~260万円ほどか?) 方や人口の0.0033%、100万人分の3.3人に過ぎない大貴族の年収は、地代だけで8万ルーブル(約8億円以上か?) 利殖や他の収入を合わせれば、10万ルーブルを越す。

この極端な貧富の格差こそが、『20世紀で最も悲惨な』と呼ばれたロシアの民衆・農民、ロシア帝国の姿だった。


「・・・1825年、ロシア史上初めてツァーリズム(皇帝専制)に批判が向けられた貴族の将校たちの反乱が起こったんだ」

妻の形の良い、程よい大きさの美乳と、淫液が溢れ始めたケツマンコの肛膣を両手で弄びながら、ユーリーはリーラの耳たぶを甘噛みして話し続ける。 夫の為すがままに身を委ねるリーラは、すっかりペニクリを勃起させてピクピク痙攣させている。 早くケツマンコの肛膣を犯して欲しい・・・そうねだっているのだ。

「あっ、あふっ・・・はぁん・・・し、知っているわ・・・『デカブリストの乱』よ・・・ね? きゃふっ!?」

ユーリーの指が、リーラの弱点・・・肛道の中の前立腺を捕えて抉る様にゴリゴリと搔き回し始めた。 肛襞を挟んでペニクリにもビクッ、ビクッと心地良い肛虐の快感が押し寄せ、リーラの美貌は悩ましく歪む。

『デカブリストの乱』の反乱者は、ほぼ全てが1812年のナポレオン戦争(大祖国戦争)と、その後のライプツィヒの戦い、ワーテルローの戦い、パリへの進軍など外征の参加者であった。 彼らは農奴出身の兵士たちから、ロシアの農民層の悲惨な実情を聞き、そして遠征先の西欧で、基本的人権が唱えられ、自由主義的で進んだ西ヨーロッパの人々の生活を目の当たりにした。

「彼ら『デカブリスト』達は、農奴制と専制政治を廃止して祖国ロシアを改革し、代議制・立憲制を採用して西ヨーロッパ並の国家にしていくことを目ざした。 そして最優先の要求として憲法制定を掲げた・・・」

「あっ、あっ、あはんっ・・・! ひあっ、ひいぃっ・・・!」

相変わらず、妻の快感で固く尖った乳首と、興奮で淫液が漏れ始めたケツマンコの肛肉をじっくり嬲る様に弄ぶユーリー。 しかし妻のリーラは、夫の愛撫に肛虐の官能の炎に身を灼かれて、すっかり肛姦を望むシーメールマゾ妻モードに入ってしまっていた。

「・・・この乱自体はわずか1日で終息したけどね(貴族将校の多くは処刑されるか、シベリアへ永久追放となった)、その後の我がロシアの革命思想と、革命運動に大きな影響を与える事となったんだよ」

ユーリーが属する立憲民主党も、議会を通じたロシアの近代化を目指していた。 彼らの目標はロシアに、議会制民主主義・議院内閣制を定着させる事であった。 更には土地の私有権、農産物の自由な生産、工業の発展を望んでいた。

その後も農奴制と皇帝専制に対する批判の声は、益々上がり続けた。 1856年のクリミア戦争での敗北は、時の皇帝アレクサンドル2世に、近代化の必要性を痛感させたと言われている。 そしてクリミア戦争での敗北は、ロシアの技術的、経済的な遅れを明らかにし、農奴制を取っていたならば、農業においての資本主義的な発展を妨げると判断された。 

農奴解放に動揺する貴族達に対して、皇帝アレクサンドル2世は『我々は遅かれ早かれ、この問題を取り上げなければならない』、『下からより、上から始められる方が遥かに良い』と述べて、1861年に農奴解放令を発した。

これにより、地主保有の農奴に人格的な自由と土地が与えられた。 更に1863年には帝室領農奴が、1866年には国有地農奴がそれぞれ解放された。

「はっ、あっ、あんっ、だめっ・・・で、でも、どうし・・・て? くひゅうっ! んひっ、ど、どうして・・・領民・・・たちは、あっ、あひぃんっ、そ、そこっ、だめっ、だめっ・・・ああ・・・あ、あなたの方針に・・・懐疑的なの? あっ、そこっ、いやぁっ・・・!」

強く、弱く、強く。 微妙に調子を変えながら肛肉と前立腺を刺激され、リーラは頭の中が煮え滾り始めるのを自覚した。 ケツマンコの肛奥から、グツグツと煮え滾る溶岩の様に、重く激しい肛姦の快楽が、沸々と呼び起され始めた。

「リーラ、それはね。 農奴解放令自体が、不十分なままだからだよ」

解放されたとはいえ、解放農奴に対して農地は無償分与されたわけではなく、政府が地主に対して『寛大な』価格で買戻金を支払うことと定められ、解放された元農奴は国家に対して、この負債を支払わねばならなかった。

また、土地の3分の1程度は領主の保留地となる場合が多く、農奴だった者は多くの場合、耕作地をせばめられた上で土地が割り当てられた。 そして、大抵の分与地は農村共同体(ミール)が集団的に所有し、農民への割り当てと財産に関するさまざまな監督をおこなった為、農奴だった者は領主に代わって農村共同体に自由を束縛される事となったのである。

「・・・先々代の皇帝アレクサンドル2世陛下の『大改革』は、農村における絶対権力を失った地主貴族にとっても、土地を購入しなければならなくなった農民にとっても、共に不満の残るものであったのだよ。 でもね、新しい政治勢力にとっては、ひとつの光明となったことも、また事実であったのさ」

「あ・・・新しい、おふっ、ひうっ・・・政治勢力・・・ひあっ、あんっ・・・ですって?」

コリコリ・・・ユーリーの指が、リーラの前立腺を小刻みに刺激する。 肛姦の快感の大波に身を委ねたくとも、未だそこまでの波は来ない。 しかし確実に我が身を狂わせるケツマンコアクメの余波の様な快楽の波は、絶えずリーラのみを灼け焦がす。

夫の焦らしに恨みがましい表情で美貌を歪めるリーラ。 夫のユーリーは妻のそんな表情を知ってか知らずか、相変わらず焦らすように妻の乳首とケツマンコを嬲って止めない。

「そう。 農村プロレタリアさ。 クラーク(富裕自作農民)だよ、リーラ。 これが創出されて、ロシア資本主義発展の基礎がつくられたのだよ。 これが前世紀後半からの我が国の工業化、その一要因となった事は、確かなのさ」

日露戦争終結の翌年、1906年から開始されたピョートル・ストルイピン首相による『ストルイピン改革』では、農民が農村共同体(ミール)からの自由な脱退や、個人的な土地所有権の確認、『フートル』と『オートルプ』と言う『個人農』の創設などの重要な農業改革を導入した。

「特に、個人農の創設、すなわち真の農奴解放だね。 これは、これにより『クラーク』と呼ばれる自作農階級(富農階級)が誕生して、『クラーク』が階層として帝政体制を支持する事を期待したのだよ」

「あっ、あっ、ユーリー! あなたぁ! もっ、もうっ、もうっ・・・!」

「しかし『クラーク』は数が少ない。 領地内だって、精々2割程度だ。 農民は共同体(ミール)を離れるとか、解体する事を嫌悪するからね・・・」

何せ、ロシア農奴制の基礎が確立したのは、300年以上前(1580年)のイヴァン3世の御代だ。 300年続いた農奴制の中で、農奴達は共同体(ミール)の構成員になる事で、租税などでの連帯責任を負いながらも、逆に重税から共同体(ミール)の援助で助けられ生きてきた。 もはやそれは、ロシア農民の遺伝子に組み込まれた本能と言える。 

ユーリーはそれまでの税率(昔はアルトゥーホフ家の領地も、それなりに重税だった)を低率に変える代わり、耕作地の2/3を分与する案を出している。

因みにアルトゥーホフ男爵家は、ユーリーが『分家』した際、1万2800デシャチナあった子爵家の領地から3/8を分封されて、4800デシャチナの領地を所有していた。 4800デシャチナ≒5244ヘクタール≒1万2960エーカーである。 およそ、英国の例と変わらない。
この領地からの地代が、男爵家の年間収益1万2000ルーブル。 投資分の年間収益9800ルーブル。 合計で年間2万1800ルーブルの収入だった(約2億2000万円以上か?) 月平均で約1800ルーブルほど。 大貴族の資産には到底及ばないものの(25%程度)、それでも十分過ぎるほどの富豪と言えた。

アルトゥーホフ男爵家の領地は、南ロシアのペンザ県(現ペンザ州)であり、ここは起伏の多い土地で、温暖な大陸性気候である。 ヴォルガ川の支流であるスラ河の河岸に沿って位置し、黒土地帯である。 土地は肥沃で農作物は豊富に収穫される。 本家である子爵家の家領も、隣接していた。

「だが僕は! 農民がミール(共同体)から自立出来る様に! そして解放された農奴が、国家に対して支払わねばならない負債に対しても、その代案を示した!」

急にユーリーは激昂する様に叫ぶと、妻のリーラに覆いかぶさる様にして、猛り起った怒張を一気に妻のケツマンコに突き入れた。 急な挿入に悲鳴を上げるリーラを他所に、ユーリーは激しく腰を使ってリーラのケツマンコを責め立てた。

「副産物の甜菜の栽培を推進して、その売却益の一部を充てて、数年で完済出来る・・・と説明している!」 

ユーリーは何かに当たるかのように、激しく腰を使って情け容赦無くリーラのケツマンコを下から突き上げる。ジュブッ、ジュブッ、ジュブッと、白濁した腸液に塗れた太い怒張が肛襞を捲り返し、前立腺を巻き込むようにリーラの肛姦の快感に濡れたケツマンコの肛道の肛肉を抉り抜く。

「はひっ、んんんっ、ああっ、あひいぃぃっ!」

リーラはケツマンコを突き上げられる度に、重く、灼け痺れるような肛姦の快感が四肢を突き抜け、脳天でスパークした。 肛奥から腰骨を通り、背筋を伝って脳髄までドロドロに灼け蕩ける様な肛姦の快美感を、すっかりケツマンコ開発されたシーメール妻の女体が堪え切れるはずも無かった。

「アルトゥーホフ家は本家も! 僕の分家も! 共に甜菜栽培を領民に奨励している! なのにだ!」

「ひいっ! あひっ・・・ああっ、だ、だめっ・・・ああぁっ・・・ひいっ、しぬっ、しにますっ! あ、ああっ、ゆるしっ・・・おはあぁっ・・・!」

アルトゥーホフ一門の領地が有るペンサ県から西の、トゥーラ県(現トゥーラ州)の都市・ボゴロジツク周辺は、ロシア有数の大貴族・ボーブリンスキー伯爵家の領地である。

女帝(大帝=ヴェリーカヤとも)エカテリーナ2世の次男を家祖とするこの伯爵家は、同時にロシア帝国最大の製糖工場を経営する大企業家一族でもあった。 ロシアが砂糖を外国から輸入せずに国内で生産できるようになったのは、ボーブリンスキー伯爵家の功績と言われている(他に石炭事業や鉄道事業も行っていた)

その国内最大の製糖工場に、砂糖の原材料となる甜菜(砂糖大根)を定常的に卸す事で、アルトゥーホフ家はボーブリンスキー家の、その膨大な富の一端を得ていたのだった。

「その利益は当然、農民に還元されているっ・・・! 我が家のっ・・・アルトゥーホフ領の農民は、御領(帝室領)や国有地や、他の貴族領より、ずっと豊かな筈だ!」

「あひっ、あひっ、あなたぁっ! ひいいぃぃぃっ!」

リーラは狂おしいほどに美貌を歪めて振り立て、善がり声を噴き零して啼き悶えた。 ジュブ、ジュブッと、激しく夫の男根にケツマンコを貫かれ、肛道の肛肉を抉られ、前立腺を搔き回され・・・啼き悶える事で肛姦の快美感に身を委ねたリーラには、抗いようもなく、肛肉の愉悦の絶頂へ押し上げられる。

「それなのにっ・・・! 何故だっ!? 何故だっ、何故だっ、何故だっ!!」

「ひいいっ! だ、だめっ! い、逝くっ! 逝きますっ! いひいいっ、ううむっ・・・! あううううううっ・・! 逝くうっ・・・!!」

リーラはユーリーの背中に両手を回して、ヒシッとしがみついた。 その美裸体をケツマンコアクメの絶頂感が一気に刺し貫き、リーラは総身が灼け消されるかと思う程の肛姦の快感の絶頂に、淫らな愉悦の悲鳴を噴き上げる。

捩じ切らんばかりにユーリーの男根を食い締めるケツマンコの肛奥で、ユーリーが射精するのを感じる。 シーメール妻の女体の最奥を精液で灼かれる感覚に、リーラはペニクリをピクン、ピクンと痙攣させて精液を放って射精しながら絶頂を迎え、やがて失神した。



「あなた・・・領民の説得、芳しくないのね・・・?」

肛姦絶頂の失神から目覚めたリーラが、ユーリーの逞しい胸板に顔を埋めながら聞いた。

「うん、芳しくない・・・農民は地主・・・特に貴族を、心の底では全く信じていない・・・」

「ユーリー、あなた・・・」

嘆息する夫を、リーラが優しく抱きしめる。 彼女の香しい体臭に、ユーリーも少しは落ち着いた様だった。 リーラの細腰を抱きしめ、豊かな胸に顔を埋め乍ら、ポツリと呟くように言った。

「大丈夫・・・大丈夫だ、リーラ。 僕の政治理念にも合致する事なんだ。 何としてもやり遂げるよ・・・」

ストルイピン改革は国会(ドゥーマ)や、皇帝ニコライ2世の支持をも失う結果に陥り、ストルイピン首相が2年前の1911年9月、キエフで皇帝の行幸に付き従っていた最中、アナーキストのユダヤ人に銃撃され、4日後に死亡した事で、改革は頓挫した。

しかしユーリーの属する立憲民主党の政策は、ある意味でストルイピン改革を更に促進する側面を有している。 ユーリーは己の領地から、農奴(いや、隷属的小作人か)を一掃したいと願っていた。 そして領民と共に、更に豊かに、自由になってゆきたいとも。 彼はロシア帝国貴族であったが、半面で西欧タイプの自由主義者でもあったのだった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして!

シーメール最高です!

老婆や醜い女に犯されるシーメール見てみたいです!

取り敢えず・・・

『幸せ編』はあと1話です。
次々話から、いつもの通り、シーメール美女をあの手、この手で墜して凌辱編・・・
の、予定です。
しかし、ロシア革命、調べれば調べるほど、gdgdですね・・・
プロフィール

鳶屋唐丸

Author:鳶屋唐丸
徒然に日々の妄想を書き連ねる艶本書きの親爺。
名は、お江戸の浮世絵版元『蔦屋重三郎(つたや じゅうざぶろう)』から。
重三郎の狂歌名、『蔦唐丸(つたのからまる)』をもじって

『鳶屋唐丸』

でも『つたや』じゃねぇぜぃ、『とびや』でい!


【鳶屋の娘一同より】
コメントを頂ければ、鳶屋の親父様も喜ばれますわ。
相互リンクも、お待ち申しあげております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳶屋の艶本カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
114位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

変態なんです

アダルトブログ宣伝ブログ

彷徨う心

男の娘M

OL夢華の秘めごと遊び

★中出し「for you」

ニューハーフ動画 Japanese shemale porn

セクシー動画案内

マン汁は飲み物です
QRコード
QR