FC2ブログ
web拍手 by FC2
2012-08-26

偽女伝 淫虐武家妻・百合 最終話

着物06

「んふうぅぅ・・・んんっ、んんむぅ! んっ! んっ! んんっ!」

「どうじゃ、百合? 儂の逸物の味は!? そなたの様な淫らな牝には堪らんであろうが・・・それっ、もっと啼け! 啼き喚け、百合!」

北町奉行・井倉摂津守の魔羅が、ずぶっ、ずぶっ、と音を立てて、百合の慎ましやかな菊門を貫き掻き回す。 激しい肉棒の責めに百合の菊門は淫らに広がり、魔羅を咥え込んだ秘孔はヒクヒクと淫らに蠢き、ジュクジュクと白濁した淫液を肛門から溢れかえらせる。

「おひっ! おひひっ! ひううぅっ! おおううぅぅ!」

後ろから井倉摂津守に抱き抱えられた百合が、後から両膝を抱き抱えられる様にされて、その魔羅で菊門を犯されている。 たわわな美乳を淫らに弾ませ、その美体をガクガクと揺すりたてて、涎を垂らしながら喘ぐ。
魔羅が百合の菊門の肛襞をズルズルっと掻き出しては、ズブブッと菊門の窄まりを貫き抉り抜く。 肛肉を練り込むような捻り腰つきで、百合の淫らに輝く美尻の肛肉を責め立てる。 

「あううっ、ひああっ! あおぉ、んんっ、くっ、くやしいっ・・・! こっ、この様な辱めを・・・んんふうぅぅぅ!!」

肛襞が魔羅に絡みついて抉られ、前立腺が刺激すると百合は、肛道の奥から背筋を通って脳髄まで立ち上る、ゾクゾクする妖しい甘美な快感の愉悦を堪え切れなくなる。 夫を陥れ、更には自分へも身に覚えのない罪を着せて亡き者にしようとする憎い相手に、事もあろうか肛虐の快感を感じさせられているとは・・・!

「んひいぃぃ・・・! あう・・・あふうぅぅ! はっ、はっ・・・はひいぃぃ! も、もう、お許し・・・おゆるし・・・んほおぉぉ・・・!」

次第に百合の声が哀訴の色を帯び、途切れ途切れに、か細い悲鳴に変わる様を見た井倉摂津守は、そんな百合の哀しくも妖しい乱れぶりに男としての加虐心をそそられ、益々大きく、抉る様な腰使いで百合の肛襞を抉り責め、肛奥を貫き責める。

熟れ盛りを迎えた美しい罪人の武家妻の美体が、脂汗でぬめるように光り輝かせながら肛姦の愉悦に咽び泣く。 井倉摂津守は嗜虐の欲情をさらに刺激されて、抱き抱える百合の身体を激しく上下に揺すり、同時に荒々しく激しく腰を使って、肛門の美肉をその魔羅の肉棒で貫き、抉り抜いた。

「あううっ、うおおぉぉんっ! むふおぉ、んあぉっ! あひっ、も、もう、お許しを・・・っ! んひいぃぃいぃ! お、お奉行様っ! お許しを! 百合の尻穴を、お許し下さりませっ!」

百合が牢屋敷での容赦無い色情責めで堕ちてから数日後の夜、北町奉行・井倉摂津守が牢屋敷を訪れた。 表向きは奉行直々の吟味とあったが、実の所は百合の美肉を処刑前に貪りたい、美女囚の肛肉を思う存分、嬲り尽くして責め尽くしたいと言う、残忍で残酷な劣情があった。

百合は揚屋敷(旗本や高僧、上級神主等を収監する牢屋敷)に移され、そこで井倉摂津守に既に1刻(約2時間)に渡って責め続けられていた。 粗末な女囚用の肌襦袢は既に剥ぎ取られ、麻縄で美乳が括れるほど厳しく上下に括られている。 両手は後ろ手に括られて、百合の自由は全く無かった。

「むむむ・・・やはり善き名器じゃ。 これ程の尻穴・・・むうっ! 味わった例が無いわっ! ほれっ! もっと善がらぬか! 善がって、啼いて、逝き狂うのじゃ、百合!」

魔羅で肛襞を抉られ、亀頭のエラで前立腺を刺激され、敏感な両の乳首は荒々しく握り潰される。 美乳が変形したかの様に縊り出されて勢い良く上下、左右に嬲られる様に引っ張り回される。 その間にも百合の菊門は肛道を貫いて犯され、菊門からは腸液と、何度も肛内射精された精液が混じり合った黄白濁した淫液が、ジュルジュルと淫らな音を立てながら溢れだす。

「あいっ、ひっ、ひいぃぃ! お許し・・・お許しを・・・ゆ、百合はもう・・・んはあはあうぅ! ま、またっ! また、は、恥を・・・恥を晒してしまいますわっ!」

「ぐふふ、そうか、そうか! 百合よ、奉行である儂の前でとくと恥を晒すがよいわ! それが、そなたが毒婦として相手を籠絡した証拠じゃ! ほれっ、どうじゃ、どうじゃ百合! 白状せいっ! 尻穴で白状するのじゃ!」

百合は緊縛された美裸体を浅ましく乱し、美乳も美脚もびっしりと脂汗をかいて悶えながら、うわ言の様に呻いてしまう。

「あひっ、あひいぃ! だ、駄目! ああっ、も、もう・・・いけませぬ! ああ・・・あひいぃ! ゆ、百合は・・・百合は、この浅ましく淫らな尻穴で、与力殿を籠絡したのでございますっ・・・魔羅を咥え込んで、何度も、何度も肛肉に精を放って頂きながら・・・むふうぅぅぅ! 核実魔羅を摩って頂いてっ! 射精しながら肛内射精で淫らに色気で落しましたのよっ!? んはあぁぁ! だ、だめぇ! は、恥を・・・恥を晒してしまいますっ! んああぁぁぁ!」

百合が淫らで恥知らずな自白をした瞬間、それまでで一層激しく魔羅が百合の肛奥を抉った。 百合はその息詰まる程の圧迫と、肛奥から灼熱のドロドロした何かで総身を灼け蕩かされる様な異様な快感に攫われた。 

「あひっ、あぎひっ、いひっひいいぃぃぃ!・・・いっ、逝きますっ! 逝ってしまいまする! 恥をっ、恥をっ・・・ご、ご覧になって下さいましっ・・・いひいぃぃ! ゆ、百合の恥さらし姿をご覧になってっ・・・逝くうぅ!!!」

百合は半ば白目を剥きながら、無意識に井倉摂津守の胸に顔をうずめ、同時にいきり立った百合の小振りな男根から大量の精を放って自身の美裸体を白濁の淫液で汚すと同時に、肛虐の淫靡な快感の極致を極めた。

「あ・・・あはあぁ・・・はっ、はっ、はぁ・・・あんあ!? んほおぉ!? んひいぃぃ! ま、またっ・・・お、お許しっ・・・!」

肛姦の瞑く妖しい、重い被虐の愉悦の快感に浸っていた百合は、再び麻縄で緊縛された尻穴の美肉を貪らんと、黒光りする巨根が、ずぶっ、ずぶっ、と音を立てて百合の慎ましやかな菊門を押し広げて貫いてきたのに、悩ましげに苦悶の表情を浮かべて啼き始めた。 激しい肉棒の責めに菊門は淫らに広がり、その責め具を包み込むようにヒクヒクと蠢いて咥え込んでいた。

「おひっ! おひひっ! ひううぅっ! おおううぅぅ! い、いけませぬっ! ま、まだ逝ったばかり・・・んひいいぃぃ! ざ、残酷ですわっ! 百合に・・・んんひいぃぃ! 百合に、どこまでも浅ましい恥をっ・・・恥を晒させますのねっ!? おひいいぃぃ!!」

逝ったばかりで敏感になり過ぎている肛襞を、巨根の魔羅で抉られ、前立腺が刺激される。 百合は肛道の奥から背筋を通って脳髄まで立ち上る、おぞましくも妖しい甘美な快感の愉悦を堪え切れずに、浅ましい嫋々とした啼き声を漏らし始める。 井倉摂津守は百合の妖しい被虐の乱れぶりで嗜虐心を更にかき立てられ、残酷に笑うと抉る様な律動で百合の尻穴を責めたてる。

「ぐふふ、伊南百合よ。 これが神君以来の譜代旗本の奥方の正体かっ! ただの浅ましい、淫乱の雌犬じゃ、おのれはっ! この、許し難い淫売奴が! 儂の魔羅で成敗してくれようぞ! ほれっ! ほれっ!」

「あううっ! あひぃ! ああんっ! ああっ・・・そ、そんな・・・そんな、恥かしい事・・・ああ、そうですわっ! 百合は淫売ですのっ! 恥知らずな、直ぐに尻穴を開く雌犬ですのっ! 百合の尻穴を、どうぞ、ご成敗して下さいませ! んんんっ、ああああうぅっ!」

こんな浅ましい、場末の女郎の様な恥知らずで惨めな言葉を・・・そう思えば思うほど、妖しい快楽が肛肉の奥深くから湧きだし、百合の美唇は戦慄き甘い悲鳴を漏らし、美貌を切なく振りたて身を捩って悶え啼いた。 
ズリュッ、ズリュッと、すでに蕩ける様に灼け蕩けた百合の尻穴と肛道の肛襞は、ヒクヒクと蠢いて魔羅に絡みついて離さない。 菊門からは淫らな腸液と、幾度も繰り返し肛内射精された精液が混ざり合った黄白濁液が滲みだし、魔羅が尻穴を抜き差しする度に淫猥な音をたてて鳴り響く。

「むふぅ・・・! 百合よ、お主の夫、伊南禎二郎は明後日、切腹が決まったぞ! 伊南家はお取り潰し、お前は市中引き回しの上、鈴ヶ森(鈴ヶ森刑場)で磔獄門じゃ! ほれっ! この世で最後の尻魔羅をたっぷりと味わえっ!」

「うんんむぅ! ああっ、だ、だめ・・・あううっ! お、お願いでございますっ・・・ああっ、も、もうお許し・・・おゆるしくださ・・・あううっ、おおうふうぅっ!」

相手の言葉も、既に理解できずに百合は、妖しく灼け爛れる肛道の最奥から次々と押し寄せる肛姦の悦虐の甘美感に、もう口を閉じる事も出来ずに狂おしく美貌を振り乱す。 ネットリと濡れ光る美裸体を捩りたて、慄く様に淫らな声色の悲鳴を上げて善がり啼くのだ。 その度に百合の勃起し、痛いほど怒張した核実魔羅は白濁した精液をピュッ、ピュッと鈴口から噴き出す。

熟れ盛りを迎えた美しい女成の武家妻美女囚の、麻縄で縛り上げられた淫虐の美裸体が脂汗でぬめるように光り輝きながら、被虐と背徳の肛姦の愉悦に咽び泣く。 抱き抱えられた美裸体を激しく上下に揺すられ、同時に荒々しく激しく腰を使われて、尻穴から肛肉の美肉を凶悪な肉棒で貫かれ、抉り抜かれて浅ましく悶え啼くのだった。

やがて肛道の最奥から、煮え滾り燃える様な熱が襲ってくる。 奥歯を噛みしめて肛道の最奥から襲い掛かる、肛姦の甘美な大波を抑え込もうとする。 だが魔羅は容赦なくズブッ、ズブッと百合の被虐の肛道と肛襞を抉り抜くのだ。

そしてズシンッ、と激しい被虐の肛姦の大波が百合の総身を襲う。 体中が痺れ、空を蹴り上げた美脚の爪先から脳天まで突き抜ける様に、体中が重く灼け蕩けて行く様な肛虐の妖しい絶頂感に飲み込まれた百合は、肛姦の熱を吐き出す様な浅ましく恥知らずな悲鳴を張り上げた。

「あひいぃぃ! おひっ、あひっ、おひいうぅぅ!・・・も、もう、いけませぬ・・・あ、いけませぬっ、だめっ! ゆ、百合の恥をご覧になって下さいましっ! 尻穴と肛肉の恥を晒す百合を、嘲笑って下さいましっ! いひいぃぃ! 逝くっ、逝くっ・・・逝くうぅぅぅ!!!」

井倉摂津守の魔羅が、最後の大きな一突きを百合の肛道の最奥に、肛肉を抉り取る様に突き入れると同時に射精する。 被虐の肛姦の絶頂を迎えた直後の肛道の最奥に、熱く滾る灼熱の精液を注ぎ込まれた百合は、妖しい快感の大渦の中で美貌を狂おしくのたくらせた。 

憎むべき夫の仇にその美体と尻穴の美肉を貪り食われ尽す、哀れな獲物の牝さながらの呻きを漏らし、ビクンッ、ビクンッと激しく痙攣する核実魔羅からは、今まで以上に大量の白濁した精液を噴出して、再び総身を仰け反り、美唇を慄かせて絶頂して果てたのだった。






その朝、伊南百合は不思議と晴れ晴れした心持で、時を待っていた。 今日のこの日、百合は市中を引き回され晒し者にされた揚げ句、鈴ケ森刑場の露と消える定めなのだった。 

あれ以来、百合は様々な辱めを受け続けて来た。 二升(約3.6リットル)もの浣腸をされての、核実魔羅嬲り責め。 勿論、その後で牢役人全員の前で恥知らずな脱糞姿を晒して、雌犬の悦びの涙を流しつつ、核実魔羅から大量の精液を噴出して恥を晒した。

極太の張り形を取り付けた、特製の責め具―――三角木馬に尻穴に張り形を無理やり挿入されて跨がされ、緊縛された身体を大きく揺さぶられながら、蜜蠟で全身を灼け責めにもされた。 核実魔羅に蝋を落とされた時は、被虐の歓喜の涙を流しながら射精し、同時に尻穴の肛肉が今までにない程の震えと共に、全身を蕩かす程の愉悦と共に絶頂を迎えた。

全裸の四つん這いと言う屈辱的な恰好で、牢屋敷の中を引き回されながら、後ろから女囚達に核実魔羅を扱かれて散々射精させられ、その恰好で牢役人全員の魔羅を美唇に含んで頬張り、放たれた精液を全て飲み干す責めも受けた。 その間百合の核実魔羅は、何度も精を放ったに関わらず、ビンビンに勃起して止まなかったのだった。

牢屋敷の下男ども全員に、夜通し尻穴の肛肉を貪る様に犯され続け、全身が精液で白濁するほど、顔と言わず美乳と言わず、当り構わず吐き出されもした。 その日は一日中、芋茎縄を仕込んだ張り形を尻穴に突っ込まれて、牢の梁から吊るされて放置された。 百合は気が狂う程のもどかしい被虐の愉悦の寸前で止め置かれ、泣き狂って尻穴と核実魔羅への残酷な責めを請わされ続けた。

それも今日、全てが終わる。 伊南百合は、市中の何万という見物人の嘲笑と侮蔑の視線を受けながら、この世で最低の恥を晒しながら死に、伊南家の名を辱めるのだ。

「―――伊南百合、引きたての刻限じゃ。 神妙に覚悟致せ」

牢役人が百合の牢の錠前を開けて入って来た。 何度も百合の尻穴の美肉を貪り尽くした男だ。 百合は元旗本の奥方の矜持と、被虐の性に生まれた淫売の女成の痴態と、両方を込めて正座し、静かに両手をついて頭を下げた。

「・・・覚悟は出来ておりますわ。 どうぞ、この女成の淫売奴に、罪の償いの恥の極致を晒させて下さいませ。 伊南百合は、淫売の恥の極めの果てに、恥知らずな死に方を立派に致しますわ・・・」

それだけで、百合の核実魔羅はビクビクと痛みを伴うほど激しく勃起する。 尻穴からはジュクジュクと腸液が漏れて、女囚の粗末な着物の尻を濡らす。 やがて百合は牢屋敷の下男にひっ立てられ、薄暗い石畳の廊下を歩かされる。

「五平殿・・・お世話になりましたわ」

百合をひっ立てる下男は、あの五平だった。 ニヤリと卑しげな笑みを浮かべて、百合を見下ろす。

「ぐへへ・・・奥様よう、アンタの尻穴は、極上だったぜぇ? 死なすにゃ、惜しい淫売だ・・・」

その言葉は既に百合にとって、最上の称賛になっていた。 百合は美体をビクッと震わせ、被虐の乳首を痛いほど尖らせてその美貌を紅潮させる。

「あ・・・ああ・・・で、出来ましたならば・・・お、お願いがございますの・・・」

「あん? 何でぇ?」

訝しげな五平。 牢役人も怪訝な顔をする。 百合はそんな連中を濡れて潤んだ瞳で見つめながら、最後の恥知らずな被虐の泣嬉女としての、最も残酷で恥知らずな願望を乞うのだった。

「ゆ・・・百合の・・・恥知らずな百合の淫売の核実魔羅を・・・百合が死んだ後で結構ですわ、切り取って下さいまし。 ああ、恥知らずな尻穴の拓本も取って欲しいですわ・・・そ、そして・・・永劫に、この浅ましく恥知らずな淫売が、立派に恥を晒して処刑されたと・・・そう、後の世に伝えて頂きたいの・・・」

何ともす凄まじい、被虐女・・・女の体に男の性を持って生まれた、世にも奇妙な淫売泣嬉女の、被虐の願望だった。 一瞬、気押された男達だったが、やがてニヤリと笑って頷いた。 それを見た百合は、ブルブルと身震いをさせながら幸せそうに微笑むのだった。





「へえ、見なよ。 あれがお旗本の奥方様だってよぅ」

「あれあれ、なんだよ、魔羅が付いているじゃねえかよ?」

「へっ! 極上の尻穴なんだろうぜ! なにせ、お奉行所の与力様を籠絡して、悪事を働いてたらしいからよ!」

「厭らしいたら、ありゃしないよっ! なんだい、あのビクビクしている魔羅はさ!? こんな大勢の面前でさぁ!」

「へへへ・・・見なよ、あの尻を・・・腰縄から尻に縄が垂れていやがるだろう? けけけ、あの奥様よう、今も尻穴にぶっとい張り形を仕込まれているぜぇ・・・?」

百合は牢屋敷を出る前に全裸に剥かれ、麻縄をかけられて緊縛された後で、尻穴に芋茎汁をたっぷりと含んだ極太の芋茎棒を突っ込まれていた。 それだけでは無い、両の乳首は細い鉤針で刺し貫かれ、その先には重しが幾つもぶら下げられて、激痛で千切れそうになる程だった。 

そんな、世にも恥知らずな格好で市中を晒し者にされて引き回され、町民たちの好奇と好色、侮蔑の視線と、そして嘲笑とを浴びせられながらも、被虐の欲情で霞んだ視界でふらふらと鈴ケ森まで歩かされていた。

(・・・ああ、世に罪人は多けれど、私ほど恥知らずな姿を晒された罪人は、居ないわ・・・)

そう思うと、失神しそうな程の羞恥と屈辱、そしてそれをはるかに上回る被虐の愉悦に、身も心も蕩けそうになる。 一歩、歩く度に肛肉と芋茎棒が擦れて、芋茎汁が肛肉に沁み渡る。 次の一歩で擦れた肛肉が蕩けそうな程の被虐の肛虐の愉悦をもたらし、甘い嬌声が口轡から漏れだしてしまう。

「むっ・・・んんふうむうぅぅ・・・むふうぅむぅ・・・!」

乳房が揺れて、その度に乳首を刺し貫いた鉤針にぶら下がった重りが揺れる。 それは百合の乳首と脳髄に、キリキリと激しく鋭い激痛を与えて乳虐の悦びに変わる。 

「お、おい! 見なよ、あれ!」

「うひゃあぁ! あの女・・・って、女かどうかしらねぇが・・・精を放ちやがった!」

「いったい、どうした事でぇ!? 恥晒されて、乳を痛めつけられて、そんでもって魔羅から精を放ってやがる!」

「おう、聞いた事あるぜぇ! ありゃ、お前ぇ、泣嬉女って言うんだ」

「泣嬉女? なんだ、そりゃ?」

「へへへ・・・苛められて、嬲られて、痛い目に遭わされなきゃ、逝けねぇ淫売の事よ!」

「ほおう、そうかい・・・ッテ事ぁ、あの女、あんな目に遭って悦んでるって訳かい!? へっ! たいした淫売だ! お天道様の下じゃ、生きてちゃいけねぇや、あんな雌犬はよう!」

(ひいぃぃ! 知られてしまった・・・知られてしまったわっ! 私が淫虐の愉悦に啼く、淫売の泣嬉女だと言う事が! 伊南家の奥方は尻穴を酷く犯されて、核実魔羅もズル剝けになるまで責められて剥かれて、乳首を痛めつけられないと逝けない、淫売の泣嬉女よと、町人たちに知られてしまったわっ・・・!)

百合は半ば白目を剥きながら、晒し者にされてから何度目かの被虐の絶頂を歩きながら迎えた。 盛大に精液を放ってブルブルと身悶える。 その姿を見た町人たちは最早、呆れるより絶好の玩具を見つけた様に、散々に囃したて、侮蔑と嘲笑の言葉を百合に浴びせかける。

「へへへ! よう、奥方様よう! ここでご開帳して、お前さんの尻穴を晒しなよ!」

「なんだったら、オイラがその魔羅を扱いてやろうかい!? へへへ、泡吹くまで精を放たてさせてやるぜぇ?」

「きゃはは! ねえ、あんたぁ! その魔羅で与力さまの尻を掘ったのかい!? でも、ちーっと、租珍じゃないかえ!?」

「そんな芋茎棒なんかよりもよう! オイラのでっかい魔羅を喰らわしてやろうかい!? どうでぇ、奥方様よう!」

「へへへ・・・もう目がトロンとしてやがるぜ!」

上下に厳しく縛られ、乳首針に重しを付けられた美乳をブルン、ブルンと振りながら、百合はその言葉を聞いて激しく欲情した。 天下の往来で、町人たちの魔羅を尻穴に咥え込み、浅ましく腰を振ってその肉棒を肛肉で貪りながら、他の町人の魔羅を口いっぱいに頬張って放たれる精液を美味そうに飲み干す―――そんな自分の姿を想像して、百合の核実魔羅はまたまた激しく勃起した。 脂の乗り切った色白の美尻をプリン、プリンと振りながら、前の核実魔羅をブルブルと勃起させながら鈴口から先走り汁を垂れ流す。

(おっ・・・おおほおぉう・・・! 善いわっ! 凄く、善いのっ! もっと詰って! もっと嘲笑って! もっと辱めて! 百合は、百合は、そなたたちの精を受ける、淫らな肉壺なのですよっ!? おひいぃぃ! ま、また肛肉が震えるわ! 逝くのよ! 百合を見なさいっ! そなたたちの面前で、浅ましく恥知らずに、尻穴の愉悦で逝くのっ! 旗本の奥方がっ! そなたたちの様な身分卑しき町人の面前でっ! おおうっ! 爆ぜるぅ! 尻穴が・・・百合の尻漫子が爆ぜるわっ!!!)

ビクッ、ビクッ、ビクッ! 緊縛されて引き回される百合の体が、また全身を紅潮させながら痙攣し続けていた。





―――安房、上総(房総半島)の山並みが見える。

磔台に磔にされた百合は、ぼんやりとそんな事を考えていた。 さっきからもう、何度も、何度も尻穴の絶頂を迎えていた。 いや、強制的に絶頂させられていたのだ。 市中引き回しなど、百合に対する辱めの序章に過ぎなかった。 今、彼女は全裸でX字状の磔台に上らされている。

「むぐうぅっ! んふうぅぅ! んひっ、ひっひいぃぃぃ!!」

―――また、逝かされた。

磔台は普通と違い、股をまたぐ部分に木板が通してあった。 その板には丸い穴が穿たれている、ちょうど百合の尻穴がそこに当る様に。 そして磔台の下では、処刑の補助役をする賎民の男が1人、棒の先に芋茎棒を括りつけて下から百合の肛肉を突き抉って責め苛んでいるのだった。

「んぐうぅうぅぅ!! んひっ! んひひっ、んひいぃー!!!」

ビンビンに勃起した百合の核実魔羅から、白濁した精液が勢いよく射精された。 もう何度も射精しているのに、一向に衰える気配が無い。 人は死が迫ったその時、性欲が異様に催すと言うが、恐らくその為なのだろう。

「んひっ・・・ひっ・・・ふひっ・・・」

がっくりと項垂れる百合の姿を見た処刑役人が、今一人の賎民の男に目配りする。 同時に処刑用の槍を手にした足軽達が、百合の両側に控える様に立った。

「・・・責めたていっ!!」

その声と同時に、また百合の尻穴が―――肛襞と前立腺が激しく抉られ、責め貫かれる。 慎ましやかな菊門を押し広げ、激しい処刑棒の責めに菊門は淫らに広がり、ずぶっ、ずぶっ、と音を立てて百合の肛肉はその責め具を包み込むように、ヒクヒクと蠢いて咥え込んでいた。

「ごはぁ! んぐっはあぁぁぁ! んひいいぃぃ! んふうぅぅ! ふひっ、ふひいいぃぃぃ!!」

黒髪を振り乱し、美貌を淫らに歪めて、百合の美唇から浅ましい嬌声が漏れだす。 たちまち萎んでいた魔羅がビンビンに勃起する、先走り汁がドクドクと溢れだす様は、百合が淫売の泣嬉女の証拠だった。

「ひうっ! ひっひいいぃぃ! んひいぃぃ!」

賎民の男は、上下だけでなく、左右や斜め、或いは深く、或いは浅く、強く、弱く、様々に変化を付けて百合の肛肉を責め苛む。 その度に磔にされた美裸体をビクッ、ビクッと震わせ、魔羅をブルン、ブルンと振りまわしながら、美貌の美女囚は刑台の上で浅ましく恥知らずに、そして淫らに美しく身悶える。

周りの竹塀の外から百合の処刑を面物している庶民たちも、その凄惨な被虐の美しさに息を飲んでいる。 恐らく彼等は今夜、女房を押し倒し、亭主に甘え、あるいは女郎屋に飛び込む事になるだろう。

「おふっ! おぐうぅ! んふううぅぅ!!」

百合の体が小刻みに痙攣して来た、絶頂が近い証だ。 処刑役人の合図で、槍持ち足軽が構えて、槍の穂先を百合の腋の下に軽く当てる。 そこから貫けば、心臓を一突きだ。 そして今一人の賎民の男が、大きな道具―――植木屋が使う大きな鋏を手に、百合の股間の真下までやってくる。 そしてビクビクと射精まじかの痙攣をしている百合の魔羅を、開いた刃で軽く挟みこんだ。

(―――むはあぁぁ!! わっ、私っ! 私、尻穴絶頂と同時に刺し貫かれるのねっ!? そして同時に、その鋏で浅ましい射精魔羅をチョン切られるの!? いいわっ! して頂戴っ! 百合の浅ましい魔羅を、チョン切って頂戴っ! 尻穴で悦んで悶える、淫売の泣嬉女に相応しい死に方だわっ! あなた! 百合も参りますわっ! この世の恥の限りを尽くして、殺されますのよっ!? どうぞ、あの世で厳しく折檻して下さいませっ! 百合は永劫に、あなたの淫売妻ですわっ!)

振り立てた艶やかで豊かな黒髪が、色白の肌や美乳にかかって磔台の上で恥を晒して悶える、魔羅付きの美女。 その妖艶な淫売の女成美女の最後の時がやって来た。

「―――始末せいっ!」

その言葉と同時に、両脇に足軽が槍の穂先を百合の両脇に刺し貫き通す。 心臓が一刺しにされ、鮮血が吹き出した。

「むぐっふううぅぅぅうぅ!!!」

その絶叫と同時に、まず百合の尻穴を責めていた賎民の男が、責め棒を百合の腸内奥深くにまで、ズボォっと貫く様に突き上げた。 今まで以上に深く肛道を貫き通された百合は、白目を剥いて頭を反らし、体中が重く灼け蕩けて行く肛虐の妖しい絶頂感に同時に達し―――肛姦の熱を吐き出す様に、ビンビンに勃起した核実魔羅から大量の精液を噴出した。

「―――今じゃ、落とせっ!」

心臓を貫かれ、あまつさえ今まで味わった事のない、とてつもなく深い肛姦責めの絶頂の快感の愉悦によって、大量の鮮血を噴き上げる百合。 そしてビクビクと痙攣しながら精液を放つ魔羅が・・・

―――ジャキィン!!!

ビクビクと全身を痙攣させ、被虐の絶頂と共に泣嬉女―――シーメールマゾの被虐の死を迎えた百合の核実魔羅が、鮮血を噴出しながら断ち切られて宙に舞ったのだった。





『天保八年 葉月十日 旗本 伊南禎二郎妻 鈴ケ森ニテ刑死ス』
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

theme : ニューハーフ/シーメール
genre : アダルト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 初めまして

>流転様
はじめまして。
納屋さんの作品は、私も大ファンです。
褌、ですか。 何ともエロティックな小道具ですね・・・
シーメール姫やシーメール武家娘につけさせて、羞恥を煽り立てて勃起させて嬲る・・・
良いかもしれませんね! 何か考えてみます。

> 初めまして、納屋様のサイトを経由して参りました流転と申します。
> 偽女伝、堪能させていただきました。
> 現在、構想をおもちとの事のシーメール時代劇、ぜひ読ませていただきたく思います。
> その節にはぜひにシーメール娘の褌姿を描いていただきたく思います。
> 仇討の武家娘や城から落ち延びた姫が敵や裏切り者に捕らわれて衣服を剥がれ、最後に腰巻を奪われるとその下から現れる六尺!月経帯かと訝られるうちに悲しや、被虐感から「勃起」してしまい所謂、「天幕」を張った状態になってしまいます。
> さてはと六尺を剥がすと現れ出でたる「一物」!武骨な指によって扱かれ或いは前立腺を刺激されてついに「精」を放ってしまいまい、男でも女でもない無様な姿をさらしてしまいます。
> どうも長々と書き散らして申し訳ありません
> これからも御作きたいしております。

初めまして

初めまして、納屋様のサイトを経由して参りました流転と申します。
偽女伝、堪能させていただきました。
現在、構想をおもちとの事のシーメール時代劇、ぜひ読ませていただきたく思います。
その節にはぜひにシーメール娘の褌姿を描いていただきたく思います。
仇討の武家娘や城から落ち延びた姫が敵や裏切り者に捕らわれて衣服を剥がれ、最後に腰巻を奪われるとその下から現れる六尺!月経帯かと訝られるうちに悲しや、被虐感から「勃起」してしまい所謂、「天幕」を張った状態になってしまいます。
さてはと六尺を剥がすと現れ出でたる「一物」!武骨な指によって扱かれ或いは前立腺を刺激されてついに「精」を放ってしまいまい、男でも女でもない無様な姿をさらしてしまいます。
どうも長々と書き散らして申し訳ありません
これからも御作きたいしております。

Re: 堪能させてもらいました

楽しんで頂けたようで、なによりです。
時代劇モノのネタはまだありますので(仇打ちモノのシーメール武家娘の悲劇とか、
戦国時代のシーメール姫の落城秘話とか)、その内にまた書きたいと思っています。

> 時代背景と、倒錯の描写が
> すばらしい
> 何度も 白濁液が出ました
> 時代の古いお話をこれからも
> よろしく

堪能させてもらいました

時代背景と、倒錯の描写が
すばらしい
何度も 白濁液が出ました
時代の古いお話をこれからも
よろしく
プロフィール

鳶屋唐丸

Author:鳶屋唐丸
徒然に日々の妄想を書き連ねる艶本書きの親爺。
名は、お江戸の浮世絵版元『蔦屋重三郎(つたや じゅうざぶろう)』から。
重三郎の狂歌名、『蔦唐丸(つたのからまる)』をもじって

『鳶屋唐丸』

でも『つたや』じゃねぇぜぃ、『とびや』でい!


【鳶屋の娘一同より】
コメントを頂ければ、鳶屋の親父様も喜ばれますわ。
相互リンクも、お待ち申しあげております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳶屋の艶本カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
114位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

変態なんです

アダルトブログ宣伝ブログ

彷徨う心

男の娘M

OL夢華の秘めごと遊び

★中出し「for you」

ニューハーフ動画 Japanese shemale porn

セクシー動画案内

マン汁は飲み物です
QRコード
QR