FC2ブログ
web拍手 by FC2
2016-05-21

美姫肛姦 第3話

美女03

魔族軍兵舎の中で、凌辱劇が開演している。 主演女優はアデラだった。

「ひひっ、良い乳してるぜぇ」

拘束用の磔台に磔られた、薄絹のシースルーの下着だけの姿のアデラ。 その背後に回り込んだ1人のオーク兵士が、両手でアデラの美乳を揉みしだく。 因みにオーク族は、西方人族の間では『豚顔の卑しき魔族』と言われているが、魔王領国では『猪顔の誇り高き勇猛な戦闘種族』と言われ、勇猛果敢な兵士の供給源のひとつ、と言われる。

「ひっ!? ぐっ、んぅぅっ・・・うっ・・・薄汚い手でっ 私に触るなっ・・・はっ、はぁっ、んふぅううっ!?」

吐きかけられる生臭いオーク兵士の息に顔を歪めたアデラが、威嚇するように睨みつけるが―――抗えないアデラを見てオーク兵士達が気勢をあげる。 戦場で多くの魔族軍兵士を、直接・間接的に葬ってきた王国軍の勇将―――先ほどまで感じていた畏怖は嘘のように、彼らは今、猛々しい欲情を剥き出しにしていた。

「おおっと、動くんじゃねぇよ!」

アデラの腕が掴まれると、他のオーク兵士達も体へと手を伸ばしてくる。 肌を撫でまわされる嫌悪感に、鳥肌を立たせるアデラだったが―――首輪をつけられ鎖で繋がれた上に、両手両足を磔台に手枷、足枷で繋がれた今、逃れる事は出来ない。

「へへへっ、曹長殿、ケツも柔らかくて気持ち良いですぜ」

脂の乗った白桃の様に柔らかく滑らかな、それでいてキュッと締まったアデラの美尻が、オーク兵士の手によって鷲掴みにされる。 同時にペニクリをギュウっと強く握り締められて、ギュ、ギュッと荒々しく扱かれる。

「んあぁっ!? はっ・・・ひぃんっ! ふっ、くふぅうっ・・・あはっ、あはぁっ・・・さっ、触るなっ しっ・・・扱くなぁっ・・・んひっ!? いっ、言ってるのがっ・・・分からぬのかっ!?」

「ひゃははっ、満更でも無い顔してるくせに、何言ってやがる?」

腹部を撫でまわすオーク兵士が、生臭い吐息を吐きかけながら、アデラの顔を覗き込んでくる。 生臭い吐息がかかり、その不快感にアデラは顔を背けようとするが、不自由な拘束の姿勢のお陰でそれもままならない。

「うぐっ・・・うえぇ・・・っ!? かっ・・・顔を近づけるなっ おっ、お前達の息の臭いを嗅いだだけで吐き気がする!」

「くふふ、そうかよ。 相変わらずクソ生意気なケツマンコ女だぜ。 もう貴様は王国軍の将軍様なんかじゃねえ、俺達の戦利品のケツマンコ牝奴隷だってのによ!」

「んひいぃっ!? ひっ・・・ああっ、はっ、はぁっ、くふぅぅっ、んふっ・・・んふぅううっ!」

ゴツゴツとしたオーク兵士の指が、薄絹の布地の上からケツマンコの肛菊門の襞をなぞり、軽く指を肛穴にめり込ませてくる。 潤滑液も無しのその侵入に、ケツマンコへの痛みの刺激に思わず声を上げたアデラが全身を軽く痙攣させる。

「へへぇ・・・? おい、貴様、良い反応してるじゃねぇか」

調子に乗ったオーク兵士が、ズリュ、ズリュっと乱暴に肛肉や肛襞を刺激しながら、反応してしまったアデラを見て嘲笑う。 オーク兵士の指は、アデラのケツマンコの中で前立腺をゴリゴリと突き上げて刺激し、肛襞と肛肉をグリグリと抉り回す。 その度にアデラは肛奥からズシン、とした肛姦の哀しい、重い快感の波に総身を襲われて、ビクビクと美肢体を震わせ、ペニクリを勃起させる。

「やっ・・・止めろ・・・っ・・・はっ、んぅっ、はふぅっ・・・ひっ、ひぃんっ、くっ、くふぅううんっ!」

「おいおい、すっかり感じてんじゃねぇか、ええ? 貴様ら西方人族が毛嫌いする、魔族の卑しいオーク族の薄汚い手でよ、恥かしいケツマンコの中をグチョグチョと触られて、弄り回されて気持ち良くなるってのは、どんな気分だ? ええ、おい?」

太腿を撫でまわすオーク兵士が、アデラの滑らかな美肌の感触を堪能し、股間の男根を隆々と隆起させる。 その大きさは優に30セル(30センチ)は有りそうな巨根だった。

「ふっ・・・ふざけるなっ・・・きっ・・・気持ち良く・・・など・・・なっていないっ・・・んはっ、んっ、んふぅうんっ、くふうぅっ!」

乱れた息を漏らし、長い銀髪を乱して顔にかかりながら、アデラがオーク兵士達を睨みつける。 切れ長の瞳に力を入れるが、荒い吐息で乱れた美唇、汗に濡れた美貌の肌、額に汗で張り付いた長い銀髪・・・そう見ても、凌辱される美姫の姿そのものだ。

「流石に強情なケツマンコ女だ。 部下が殺されても、なんとも思っちゃいねぇってか?」

「こんなにマゾ乳首、ビンビンに勃起させてる癖になぁ?」

美乳を揉みしだしていたオーク兵士が、薄絹の布地を持ち上げてビンビンに勃起してそそり立つアデラのマゾ乳首を、太い指と爪でギュッと握り潰す。 そしてグイッと捻る様に抓り上げた。 アデラの乳房が抓り上げられた乳首を先端に、グイッと引き伸ばされる。

「いひっ!? んぎいぃっ! いはっ、きぃああっ!? ひっひぃっ! んひいっ・・・いぃっ・・・くひゅぅううっ!!」

感じ易くなっているマゾ乳首への強い刺激に、アデラが堪らず声を上げてしまう。 同時に乳首のマゾ神経が直結しているペニクリが、ビクビクと激しく痙攣する様に勃起して、先走り汁をビュ、ビュっと噴き出す。

「へっ! 見て見ろや、乳首でしっかり感じてるじゃねぇか。 可愛いペニクリもこんなに勃起させてよっ! ほ~ら、見てみろよ!」

「うひゃひゃ! 勃起乳首! 勃起乳首!」

「やっ、止めろっ・・・見るなぁ! いっ、言うなっ・・・あおおぉっ・・・んはっ、いんっ、んひゅうぅううんっ!!」

1人のオーク兵士がアデラの豊かな美乳を絞る様に握り潰して、仲間達にアデラのマゾ乳首が隆起している事を見せつける。 そこは充血し切って、乳輪まで広がってしまったアデラの美乳。 低俗なオーク兵士達に嘲笑われる屈辱に、アデラが強く唇を噛む。 だが、笑われても仕方ない程に、アデラのマゾ乳首が勃起しているのも事実だった。

「いい気味だな、ええ? アデラ『お姫様』よぉ」

「うほぉ! あのアデラ『お姫様』のケツマンコが反応してきやがったぜぇ? トロトロのケツマンコ汁が溢れ出てきてるぜ」

「こいつにはよ、同郷の幼馴染や、同期の仲間たちが大勢殺されてよ! いつかこのケツマンコ女をよ、嬲り尽してヒィー、ヒィーって、言わせてやりたいって思ってきたけどよ・・・ やっと望みが叶うぜっ!」

「俺もさ! 兄貴と弟が、こいつの手勢に殺されたんだ! もう故郷にゃ、年の離れた妹しか居やしねぇ・・・お袋は心労で死んじまったよ! 兄貴と弟と・・・お袋の仇だ! ケツマンコが壊れるまで犯し抜いてやるぜっ!」

「アデラ『お姫様』よぉ! お前は俺達、オーク族の仇敵だぜ! ケツマンコを犯され抜かれて、成敗されやがれ!」

オーク兵士たちに散々罵倒され、同時にケツマンコもペニクリも弄り回され、太腿やお尻の美肉を鷲掴みにされたり、撫で回されたり・・・身も心も、散々嬲られながらも、アデラは必死になって誇りと矜持を保とうとしている。 そして絶え絶えの息の中で、オーク兵士たちに威嚇するように言った。

「はあっ、はあっ、はあっ・・・んくうぅっ、くっ・・・屑共めがっ・・・おっ・・・覚えておれっ・・・!」

「へへへ! もうお前の国はダメだぜ? 俺達の軍・・・中央軍はお前の国の王都を包囲しちまっているよ! 北方軍も北の要衝・サイデンの街を陥落させたってよ!」

「そのまま、サイデンを拠点にしてよ、隣のトランヴァニア大公国に侵攻作戦を開始したってよ! トランヴァニアは交通の要衝だけどよ、小さな国だ。 あっという間に降伏したらしいぜ!」

「南方軍は、南の沿岸部に到達してよ、港町を次々占領しているってよ。 南の貴族諸侯軍なんかよ、あっという間に仲間割れしたらしいぜ? 降伏して、今までの友軍に攻撃を仕掛ける領主が続出とからしいわ」

「なっ・・・うっ・・・嘘だ・・・んはあぁんっ!?」

アデラは王都の包囲や、南方戦線の崩壊もショックだったが、何より北方戦線の崩壊と、トランヴァニア大公国が侵攻を受けたことに衝撃を受けた。 現トランヴァニア大公は30歳になったばかりの若い君主だが、その大公妃はアデラの実の姉・・・同腹の2歳年上の姉である、第4王女・クリスティナ王女が嫁いで、トランヴァニア大公妃となっていた。

「トランヴァニア大公家は・・・姉上は・・・甥や姪たちは・・・うっ・・・!」

オーク兵士にケツマンコを指で搔き回され、ペニクリの亀頭の先の敏感な肉を爪で引っ掻かれ、マゾ乳首を摘み上げられて捩じられながら、アデラは甘い悲鳴を上げつつも、姉の安否を無意識に口に出した。

「ああっ!? そう言えば・・・どうだっけ?」

「曹長殿、確かあの国は、大公家は全員、ぶっ殺されたって軍の報道紙に書いてありましたぜ?」

「ああ、そうそう。 確か大公は自害して・・・大公妃は見せしめに、大広場で3日3晩犯された挙句、おマンコアクメの連続で心臓が破裂して死んじまったとか」

「ガキどもも、その後で処刑されたって書いてありましたね」

その言葉に、アデラの頭の中に衝撃が走った。 国王の妾腹の王子・王女の姉弟として、王家の中で唯一心を許していた姉のクリスティナ。 彼女が嫁いだ先のトランヴァニア大公国は歴史的に代々、独立国と言うより、王国内の藩王国と言った色の強い半独立・半従属国で、夫の大公とも仲睦まじく、公子と公女を1人ずつ産んで幸せそうだった。

昨年、外交の任で大公国を訪れた際は、大公家を上げて歓待してくれた。 義兄の大公は文人肌の穏やかな人柄で、甥の5歳の公子と姪の3歳の公女は、いずれも愛らしい子供達だった・・・

「あそこでもよ、大貴族達が北方軍に寝返ったって聞いてるぜ?」

「くははっ! アデラ『お姫様』よぉ、あんたは終わりさあ! そしてこれからは、俺達の精液をケツマンコと、そのお口で散々飲み続けるのさ!」

「なんだったらよ、サファール軍医中佐殿に頼んで、ガキが産める体にしてもらえよ? あのお人だったらよ、きっとやってくれるぜ?」

「なんたって、魔王国の王立大学、始まって以来の魔導医学の大天才だってんだからな! なんだったらよ、最初に俺のガキを孕んでくれよ、アデラ『お姫様』よ?」

「くっ!!? だ、誰が・・・誰がお前たちの子などっ・・・孕むかっ・・・あひっ!? ううむっ・・・くふうぅっ!?」

「かはは! お前は俺達魔族軍のケツマンコ奴隷女だって事、忘れるなよ? おい、アデラ『お姫様』に、思い出させてやれ」

「アイ・サー!」

ビリビリビリッ!―――絹の布地を引き裂く音を響かせ、乱暴にアデラの薄着が破られる。 そしてオーク兵士の30セルはある極太の長い巨根が、アデラのケツマンコにズンッと差し込まれた。

「うはあぁっ!? あがっ・・・かはっ・・・ああっ・・・うっ・・・くああっ・・・んっ、んふぅっ・・・ひっ、ひぃんっ・・くふぅうううっ」

ズブッ、ズブッと、派手な音を立てて激しくピストン運動を繰り返し、腰を使うオーク兵士。 その度にアデラのケツマンコの肛肉が捲れ返るのが見える。 肛襞はオーク兵士の巨根の肉棒に絡み付いて肛肉を引っ張り、肛液は止めどなく漏れ出してすっかり潤滑油の役目をしている。

「あっ、あひっ、うひっ・・・あおぐううぅっ・・・!!」

ケツマンコを犯されながらアデラは、自分のお腹の真っ白な美肌に浮かぶ、ぶんやりと光る刻印を虚ろな瞳で見ていた。 アデラの体を作りかえる為に、サラディナが施した『生体魔導変異術』の魔術刻印。 それを見たアデラの瞳が、絶望の色へと塗り変えられていった。





「うう・・・あぁ・・・うあぁ・・・あぁ・・・んあぁ・・・」

10日間もの間、休む間もなくオーク兵士やゴブリン兵士、それに獣人兵士たちに犯され続けたアデラの体からは、雄臭だけでなく腐臭まで漂っていた。 精液の溜まりが出来た床に倒れ込んだアデラを見下ろすオーク兵士・ゴブリン兵士・獣人兵士達。 しかし誰もかれもが、まだアデラのケツマンコを犯し足りないとばかりに、股間の巨根を隆々といきり立たせている。

「はひっ・・・んふっ はっ・・・くふぅっ・・・うっ・・・うふっ、ふっ、んふぅっ」

精液溜りの中で、魔族兵士たちの精液にまみれた美裸体をビクッ、ビクッと痙攣させるアデラ。 その度に、ゴプッ、ゴプッと音を立てながら、開きっぱなしになったケツマンコの肛穴から大量の精液が溢れ出てくる。

「へへへ・・・これで10日間、ケツマンコを犯し続けてやったけどよ・・・まだだ、まだ足りねぇ・・・」

「サファール軍医中佐殿のご命令だと、あと5日は犯し抜けって事ですぜ?」

「第4小隊の連中が、そろそろ警備から戻って来るな。 今度は4小隊の連中に交代ですよ」

アデラを監視するための警備中隊は、第1小隊から第4小隊までの4個小隊で編成されている。 この他に中隊本部班があって、1個中隊を編成していた。 

今アデラを犯し抜いていたのは、第3小隊の面々―――3個分隊(9名×3で27名)に小隊指揮班5名(小隊長、小隊軍曹、衛生兵、伝令兵×2名)の32名が1個小隊になる。 中隊では4個小隊(32×4で128名)に中隊指揮班16名(中隊長、隊付将校×2名、中隊曹長、中隊付下士官3名、衛生兵4名、伝令兵5名)で142名が定数になる。

因みに魔族軍は基本的に、大隊単位で種族別編成を行っている。 これは各種族特有の能力を戦場で発揮するための措置で、大隊は最小戦術単位となるからだ。 しかしこれとは別に、独立守備隊や警護部隊などでは、完全に種族混成編成を行う事も多い。

アデラはこの10日間、毎日毎晩、1個小隊32名の魔族軍兵士たちにケツマンコを犯され続けた。 オーク族、ゴブリン族、獣人族、魔人族、鬼人族・・・5日目だけは中隊指揮班で数は少なかったが、それもで19人の魔族軍将兵にケツマンコと口を犯された。

今にも息絶えてしまいそうな憔悴状態のまま、アデラの理性の光が消えた瞳が宙を彷徨う。

「へへっ、流石は王国軍の元将軍様だな。 普通の女なら、とっくに狂っちまってるぜ」

倒れ込んで、ケツマンコアクメの暴虐の大嵐の余韻に侵されているアデラを見下ろした、獣人族の下士官―――伍長だった―――が声をかけてくるが、その言葉を理解するだけの余力は、アデラにはもうなかった。

「くうぅ・・・くふぅん・・・うふっ、うぅ・・・んふぅっ、はぁ、はぁ・・・ああう・・・うっ・・・んふぅんっ・・・」

ケツマンコアクメの絶頂を貪る体を痙攣させたまま、喘ぎ声だけを漏らす。

「仕方ねぇな。 おい、兵長、ちょっとこのケツマンコ女をよ、正気に戻してやれ」

「はっ、軍曹殿! へへっ、『アレ』を用意してあるであります!」

「ほほう、そうか。 用意が良いな、貴様。 よし、だったら持ってこい!」

「はっ! 了解であります!」

1人のゴブリン族兵士が、蓋のされた特大の陶器製のジョッキを持って戻ってくる。 それを手渡された獣人族―――人狼族の軍曹がアデラの髪を掴み、顔を持ち上げ・・・

「アデラ『お姫様』よ、おら、飲め!」

魔導処理を施され、鮮度が落ちない様にされたジョッキになみなみと入れられているのは、魔族軍兵士たち140名以上が、この10日間に射精した精液だった。 人狼族の軍曹は、泡立つ精液で満たされたジョッキを、アデラの眼前へと突き出す。

「も・・・もう・・・おゆるひ・・・おゆるひくだひゃいましぇ・・・ゆるひへ・・・うぇ・・・あうぅ・・・ううっ、うぁあ・・・」

魔族軍兵士たちを敵視し、侮蔑してきたアデラが、声を震わせながら涙を流して許しを乞う。 その惨めな姿に、魔族軍兵士たちはゲラゲラと嘲笑を浴びせかけてくる。

「お、おねがいひまふ・・・おうぇ・・・うえぇ・・・ゆ、ゆるひへ・・・くらひいましぇぇ・・・うぶっ!? うえぇっ・・・うえぇっ!」

ジョッキから匂い立つ、新鮮なザーメンの腐臭にも似た生臭い雄臭。 その生臭さに吐き気を催したのか、アデラが顔を歪め、えづき始める。

「おい・・・アデラ『お姫様』よ。 俺は『飲め』と命令した筈だぜ?」

有無を言わせぬ人狼族軍曹の口調を聞いたアデラの顔に、絶望と諦めの色が広がっていく。

「あ・・・あぁ・・・」

「俺の・・・俺達魔族軍の命令に逆らうと・・・わかっているな? また啼き喚いて懇願して、許しを乞うても・・・ケツマンコをハメ殺すぞ?」

人狼族軍曹の言葉を聞いた途端、アデラは恐怖にブルブルと美裸体を震わせ始める。

「の、のみまふぅ・・・のまさせてくらひゃいまへ・・・軍曹さまぁ・・・アデラ、精液を・・・飲ませていたらきまふぅ!」

あの誇り高き王国軍の勇将、王国の大貴族の王族侯爵であったアデラとは思えない惨めさを晒しながら、ジョッキの蓋を取るとアデラは美唇を近づける。 ムッとする生臭さが鼻を衝く。 ジョッキの端に美唇を付けると、アデラは人狼族軍曹の反応を見るようにチラッと視線を向ける。

「・・・よし、早く飲め」

飼い主の反応を窺い見るペットの様な、主人の命令を待つ牝奴隷の様な醜態を見せつけながら、アデラはジョッキを両手で持って傾けながら、中身の精液を飲み込み始めた。

「んぐっ・・・んっ・・・ぐふっ・・・じゅる、じゅる、んぐうっ・・・じゅぶ、じゅぶぶっ」

ドロドロの精液は、少し飲んだだけは喉を通らない。 口に含んで唾液に塗れさせ、少しでも流動性を高めなければ・・・アデラは生臭い精液を口いっぱいに頬張って、口の中でグチュグチュと何度も何度も、咀嚼するかのように唾液に塗れさせていた。

「・・・どうしたっ!? もっと、もっと飲まないか! おい! このケツマンコ牝の腐れ尻穴、誰か犯してやれっ!」

「はっ! 軍曹殿!」

「んぐっ、んぐっ・・・ひっ、はひっ! も、もうしわけございましぇんっ・・・わ、わかりまひひゃっ・・・んぎっ!? いひいいぃぃっ! あひっ、ひひっ・・・おひいぃんっ! んぐっ、んぐっ、んぐっ・・・んんんぐううぅぅんっ! のみまひゅ! のみましゅからぁ! アデラのケツマンコぉ! おかひゃないれぇ! んひいいぃぃんっ!」

背後からゴブリン兵士にケツマンコを犯され、肛奥までチンポの肉棒で突き上げられながら、卑猥な音を響かせ、アデラはジョッキ一杯の精液を飲み干していった。




「ぐぅっ!? ひっ・・・ひぐぅっ! うぐっ!? んぐぅううううっ!」

人犬族の女性下士官(魔族軍伍長)が持ってきた電極針を受け取った鬼人族の女性将校(魔族軍中尉)が、その針をアデラの形良い美尻に突き立てる。

「さぁ、どんどん刺していくわよ」

「はっ! 中尉殿!」

白磁の美しいアデラの美肌に、プスッ、プスッと針が突き立てられる度に、アデラの体がビクッ、ビクッと震えていく。

「そうねぇ・・・ここにも刺しておこうかしら?」

「中尉殿、であれば、ここにも・・・」

「ふふふ、少尉、貴女も判っているじゃない」

魔族軍の鬼人族女性中尉と、サスティアエルフ(南方エルフ)族女性少尉の会話の直後、アデラは悲鳴を張り上げた。

「んいひぃっ!? んひっ・・・ああっ・・・しょ、しょこはっ・・・あぁ・・・うひいっ!? ひぐぅうううっ!」

両乳首と両乳房に、針山の様に針を突き立てられ、お臍に刺された時にも、その痛みを堪えきったアデラだが―――隆起したペニクリの敏感な先端の肉芽に針先を押し当てられた瞬間、思わず声を上げてしまう。

「あら? お前、ここが良かったの? そう・・・だったら、もっと奥まで突き刺してあげるわ」

「ひぎぃっ!? ぎっ・・・ぐうぅっ・・・ぎっ・・・はっ、はひぃっ!? いっ・・・んひゅぅううっ」

ペニクリの亀頭の肉芽の中へ、ズブズブと針が埋まっていく。 凄まじい激痛と、灼け焦げるような熱さ―――強烈な刺激が全身を駆け廻ると、アデラが感じてしまった様に甘い嬌声を漏らす。

「感じているのね、お前。 気持ち良くなってくれてるのね、ふふっ、良かったわ。 ほら、ココは・・・どうかしら?」

新たな針を受け取った鬼人族女性中尉が、今度はアデラの秘所・・・ケツマンコの肛膣の菊門の入り口に針を突き立てる。

「んぎっ!? んぎぃいっ!? ひっ・・・ひいぃっ・・・いぎっ・・・いっ、いいぃっ・・・んぎっひぃいっ、いひいぃいいいっ!!」

長い針が、肛肉を一気に貫通する。 菊門の入り口から肛道の肛肉まで、一気に突き刺された針を震わせながら、アデラが甘美な声を上げる。 特殊な魔薬を注入されたアデラの肢体は、激痛さえも耐え難い被虐の愉悦の快感に変えてしまう様になっていた。

「んぅっ・・・ふっ、んぅぅっ・・・ひっ、んぅっ・・・ふぐぅっ、ふっ、ふぅっ、うふぅううううっ!」

拘束台に仰向けに拘束されて、全裸姿で責め続けられるアデラ。 今日は未だ、一度もケツマンコを責めてくれていない。 肛肉を犯して貰えないもどかしさが募る―――今日、魔導研究所の別室でアデラを責め立てているのは、全て魔族軍の女性将校と女性下士官たちだったからだ。

「中尉殿、これがかの、憎き王国軍の将軍のなれの果て・・・驚きです」

「少尉、私もそう思うよ。 こいつには婚約者を殺されたわ・・・バダフシャン丘陵の攻防戦よ。 あの人は魔導弩弓騎兵中隊を指揮していたわ・・・」

「私の父は、魔導弓兵大隊の指揮官でした・・・迂回してきた別働部隊に急襲されて・・・父は部下を逃す為、奮戦して・・・全身に何十本もの矢を受けて討ち死にしました」

「ふくっ・・・んふぐぅううっ! んほぉっ、おほっ、ほへぁああっ」

全身を駆け廻る、激痛が変換した被虐の快感に、必死に堪えようとするアデラを見る2人の魔族女性将校達の瞳に、加虐の色が浮かんでくる。 ニヤリと妖艶な笑みを浮かべ、背後の魔族軍女性下士官たちに命じた。

「ふふ・・・ふふふ・・・さあ、ここからが本番よ! 軍曹、用意はいいかしら?―――いい? 宜しい。 ふふ、アデラ・・・今から脳細胞が死滅する様な電撃を流すわよ?」

「凄い快感に、感じ過ぎるかもね、お前の様な下品なケツマンコ女にとっては・・・それがお前に注入した魔薬の素敵なトコロよ」

死よりも苦しい痛みは、死よりも苦しい快感へと変わっていく―――その事をアデラに告げると、魔族軍の女性少尉が、部下の魔族軍女性軍曹(オーク族女性だった)に視線を送る。 魔族軍女性軍曹のオーク族女性が、女性にしては逞しさのある顔にニヤリと笑みを浮かべ、命令を実行した。

「んごっ!? んぎぃいいいいっ!? ふごっ!? ふごぉおっ! おごぉおおおおおおおっ!」

バチバチッと火花を散らしながら、拘束されたアデラの肢体を魔導の電撃が流れていく。 肉の焼ける様な匂いが、汗ばんだ体から立ち上る―――全身に突き立てられた電極針に、強烈な電撃が加えられた。 乳房、乳首、腹部に美尻、そしてペニクリの肉茎と亀頭の先端の肉芽、そして尿道・・・ケツマンコの肛肉にも、たっぷりと針が突き刺さっている。

「どうかしら、アデラ? 最高でしょう? ねぇ、どうなの? 感想を聞かせてちょうだいな」

「ふぎゅっ、ふぎゅううっ!? ぎっ! ひぎぃいっ! はっ・・・はがぁっ! んおっ、がはぁあああっ! ふごあっ、あがぁあああああっ!」

眼隠しをされた状態で不意打ちを食らったアデラが、何度も何度も悲鳴を叫び放つ。 その度に勃起したペニクリがビクビクッと激しく痙攣して、針を突き刺された先端の肉芽の割れ目から、ビュ、ビュっと透明な先走り汁を噴き出した。

「くふふ・・・中尉殿、少尉殿、このケツマンコ女は、言葉にならないくらいに気持ちイイって、言っているようですよ? これじゃ、お仕置きになりませんね」

「そうね、軍曹。 でも、ケツマンコマゾの牝豚が、感じまくって悶えるのを見るのも悪く無いわ」

「ええ、その通りですね、中尉殿・・・軍曹、伍長、もっと強い電流を流してあげてちょうだい」

「了解です、少尉殿。 おい、伍長!」

「はっ! 軍曹殿!」

「や、やめ・・・止めて・・・おぉ!?・・・おひっ!? ぎいぃっ・・・ぎっ、ひっ、ひぐっ!? ぐぅうっ!」

激しい電撃の責めに、全身はおろか、敏感過ぎるペニクリの先端の肉芽や、繊細なケツマンコの肛肉まで、灼け焦がされる様な激痛を伴う強く激しい刺激に、アデラは息も絶え絶えになっている。

「ほら、伍長! もっとよ! もっと強烈な電撃を流しなさい!」

「は、はっ! 中尉殿!」

「ひぎゃぁあっ!? あがぁああっ! あひっ、あひっ、あひいぃっ! んおぉおおおおっ!? おごごごごごぉっ! お゛お゛お゛ぉおおおおおおっ!」

再び、更に強い電撃を流されたアデラは、拘束台の上で全裸の美裸体をビクン、ビクンと痙攣させながら、背を弓ぞりに反らせて悲鳴を張り上げる―――激しく震えるペニクリから先走り汁を、ジュクジュクと痙攣するケツマンコから大量の肛液を噴き漏らしながら。

「あははははっ! すっごい声ですねぇ」

「誇り高き王族貴族の将軍様が、獣みたいに吠えまくっていますね」

「うふふ・・・あんなにペニクリをビクビク勃起させちゃって・・・恥ずかしくないのかしらね?」

「やめっ・・・やめてっ・・・お願いっ・・・ひっ!? ぎぃっ! ふぎいぃっ! うっ・・・うがぁっ!? んひぃいいいいっ!!」

魔族・・・しかも『同性』の女性将校達に責められ、その姿を晒す恥かしさは、今までケツマンコを犯し抜かれた凌辱とはまた違う激しい羞恥を、アデラに身に刻み込んだ。

「そうよ、もっと啼きなさい。 お前の様な下種な変態のケツマンコマゾの牝豚にはお似合いよ、アデラ。 憎い魔族の女に見られながら、電撃ケツマンコアクメで逝っちゃいなさい。 たっぷり逝かせてあげるわ」

更に電流を強くするようにと、魔族軍の女性中尉が命じる。

「ふぎいぃっ! いっ! んぎぃいっ! んぎぎぎっ・・・はへっ・・・えっ・・・え゛あぁああっ!」

絶え間なく流れ続ける電撃が、どんどんと強く大きくなる。 体中が焼けるような激痛が、ケツマンコの肛奥を灼け焦がす様な鋭く熱い痛みが、完全に、絶え難いほどの被虐の愉悦の快感に変わり・・・アデラをケツマンコ被虐の悦楽の底へと叩き落としていった。



「な・・・なりまひゅ・・・アデラ・・・おんなに・・・お尻のおんなに・・・なりまひゅうぅ・・・」
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

卑しく醜い奴らにたくさんヤラレてたくさん搾り出して欲しいです!

年増や老婆にレズレイプ?されて欲しいです!

いやぁ、おファンタジー舞台だと、結構無茶な描写もOKな感じで書けますねぇ・・・
次は『陥落した王都の目抜き通りで、全裸ケツマンコ嬲りの露出晒し引き回し責め』かなぁ・・・

最近、同人作品で『ベルサイユのバラ』のシーメール化作品を見ました。
オスカルとマリー・アントワネットがシーメール美女で。
上手いなぁ、発想が・・・と感心しきりです。

戦国武将シーメール化とか!?
シーメール美女の信長に可愛がられる、シーメール美女の秀吉に嫉妬した、これまたシーメール美女の光秀が、嫉妬の余り『本能寺の変』をやらかすとか・・・あ、アホですね、そこまですると・・・

プロフィール

鳶屋唐丸

Author:鳶屋唐丸
徒然に日々の妄想を書き連ねる艶本書きの親爺。
名は、お江戸の浮世絵版元『蔦屋重三郎(つたや じゅうざぶろう)』から。
重三郎の狂歌名、『蔦唐丸(つたのからまる)』をもじって

『鳶屋唐丸』

でも『つたや』じゃねぇぜぃ、『とびや』でい!


【鳶屋の娘一同より】
コメントを頂ければ、鳶屋の親父様も喜ばれますわ。
相互リンクも、お待ち申しあげております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳶屋の艶本カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3896位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

変態なんです

アダルトブログ宣伝ブログ

彷徨う心

男の娘M

OL夢華の秘めごと遊び

★中出し「for you」

ニューハーフ動画 Japanese shemale porn

セクシー動画案内

マン汁は飲み物です
QRコード
QR