FC2ブログ
web拍手 by FC2
2013-08-11

シーメール淫母・祷子 6話

着物07

「おひっ! おひひぃぃ! いひいっ!!」

「ひゃ、ひゃいいぃぃぃ! いぎいぃぃいぃ!!」

祷子と静香、2人のシーメールマゾ淫母の悲鳴が室内に響いている。 祷子はずっと同じ格好で拘束された上で、肛膣のなかの肛襞に低周波プラグを密着する様に挿入され、さっきから肛虐の電流責めに悲鳴を上げっぱなしだった。 

それも1個だけでなく、4個も入れられて・・・肛襞に密着するプラグ形状の作用部は、逃げ場のない刺激を祷子のケツマンコに与え続けている。 肩こりを解消するほどの威力を持つ低周波パルスなのだ、そしてそれに加えてモーター振動が、さらに刺激を増長させていた。

「ひゅぐっ! いぎっ! ひぎいぃぃいぃ!!」

ビクン、ビクンと緊縛された裸体を跳ね上げ、勃起ペニクリから透明な先走り汁を振り撒いて悶え苦しむ祷子。 その勃起ペニクリの先には、亀頭の割れ目・・・鈴口に太い銀色のペニスプラグが深々と捻じ込まれ、その先端に小さなリングにはワニ口クリップが挟まれていた。 そう、祷子は勃起ペニクリにも電流責めを加えられていたのだった。

「あはは! ママ、これが気に入った様だね! ほら、こうして強弱を付けてやれば・・・」

「ひぎぃぃ! ひゃひっ! ひゅ、ひゅるひ・・・ひゅるひへぇ!」

だらだらと涎を垂らす美唇から、洗濯バサミで挟まれた舌をだらしなく出して、祷子が必死に許しを乞うている。 祷子を責め立てるのは、それだけでは無かった。 美乳の先端で痛いほど固くしこって尖っている両乳首は、乳首責め具のピンチコックでギチギチに締め付けられていた。 勃起ペニクリも根元を細い革紐で縛られている。 更に・・・

「そら、ここが好きなのだろう? ほら、ほら!」

「ひゅふうぅぅ!? んひゃ、ひゃひいぃぃ!! ひゃめぇ! ひゃめれぇ!!」

電流責めの苦痛に啼く祷子のケツマンコ。 その入口の菊門の襞を、智也が手に持った毛筆でサワサワと愛撫する。 くすぐったい、全身がザワザワする様な尻穴の快感。 その快感に善がり声を上げかけると、直ぐに強烈な電流責めが祷子の肛襞を灼きつく様に責め立てるのだ。

「ひゃひゃ! いひゃあぁ! ひゅひゅひへぇ! ひゅひゅひてぇ・・・!!」

不意に乳首の電流責めの勢いが強まる。 ブルンッと美乳を揺らしながら美裸体を跳ね上げる祷子。 勃起ペニクリがビクン、ビクンと跳ねまわり、透明な先走り汁が祷子の真っ白な肌のお腹の上に降りかかる。

「はは・・・見てみなよ、静香母さん。 祷子ママの乱れっぷり、凄いよ? って、こっちももう、狂っちゃったかな?」

「ひゅひっ! らへぇ! いっひぃ! ひゅひいいぃ!!」

方やもう1人のシーメールマゾ淫母の静香は、息子の優哉に先程から浣腸責めにあわされていた。 ただ浣腸されるだけで無い、静香は4リットルものグリセリン浣腸をされた上で、全身が真っ赤になるほど蝋燭を垂らされ続けていた。

「あひゅひぃぃ! ひゅいいぃぃ! ひゅぎいいぃぃ!!」

パァン! パァン! 蝋燭で真っ赤に染まった静香の勃起ペニクリを、息子の優哉がバラ鞭でしばいている。 1発叩く毎に、赤い蝋が静香のペニクリから剥がれ、そして鞭で真っ赤に染まった小さな勃起した肉茎が震えている。

「まだだ! まだ許さないよ、静香母さん。 あと20分は我慢させるからな、覚悟しなよ!」

そう言うや、優哉は今度は狙いを定めて静香の菊門を激しく打ち据えた。

「ひゅぎいぃぃ! ぎゅひゅうぅぅ! いぎっ! ひぎいいぃぃ!!」

菊門から蟻の戸渡りを激しく鞭打たれ、静香が絶叫を張り上げる。 しかし同時に彼女のペニクリは激しく勃起して痙攣しているのだ。 その様子を面白そうに眺めていた智也は、予備の蝋燭を手にして、その先に火をつける。 やがて蝋が溜まった所で・・・

「ひゅひっ!? ひぃぎゅうぅぅぅ! ひゃめぇ! ひゃめれぇ!!」

電気責めに苦しむ母の祷子の勃起ペニクリに、智也は狙いを付けて熱い蝋を垂らした。 ビクン、ビクンと美裸体を跳ね上げて悲鳴を張り上げる母の祷子。 その姿は益々智也の加虐心に火を付けた。

「へへ・・・ママ、我慢しなよ? ほら! ほら! こっちも!」

「ひゅぎぃぃ! ぎっ! ぎゅうぅぅ! んんぎゅひゅうぅぅ!!」

勃起ペニクリ、マゾ乳首に美乳乳房。 そして腹部にわき腹、太股に美脚の先・・・瞬く間に祷子の全身が、熱蝋で真っ赤に染まって行く。 同時に肛虐責めの低周波プラグの目盛りが最大まで上げられた。 瞬間、祷子は肛襞と言う肛襞が、ガリガリと固い何者かで削り取られ、ヤスリ掛けられる様な激痛に襲われ、緊縛された美裸体をビクンッ、と跳ね上げながら、絶叫を張り上げた。

「ぎっ! ごっ! ぎゅひゅうぅうぅぅぅ!!!」

尻穴の菊門から肛襞全体と肛道、そして肛奥を通って尾てい骨までが、瞬時にビリビリと激しい刺激に襲われる。 その刺激は勃起ペニクリまで襲い掛かり、あっという間に激しいドライアクメが襲い掛かる。 肛奥の底から灼熱のマグマの様な、ドロドロとした重く激しく、そして妖しい肛姦の絶頂の快感が背骨を伝わって脳髄まで響いた。

「ひぃぎゃ! ぎゅひっ! ひゅぎゅっひぃぃぃぃ!!」

熱蝋が次々に垂らされる。 勃起ペニクリの亀頭の割れ目、先っぽの鈴口の敏感な皮膚が、焼ける様な熱い刺激に悶えて痙攣する。 敏感過ぎる尻穴の入り口の菊襞に容赦無く、熱い熱蝋が垂らされる。 乳首も既に真っ赤に染まり、熱蝋で埋め尽くされた。

「おっ! ごっ! ごへぇ・・・!!」

祷子は半ば白目を剥きながら、肛姦の激しい苦痛の電流責めと、敏感な柔肌と柔襞への非情な、灼け爛れる様な熱蝋責めに悶え苦しんでいる。 やがてその苦痛は、肛襞全体が灼け爛れる様な肛姦のマグマによる肛悦に。 そして灼けつき刺すような痛みを伴う熱蝋責めが、ボーっと全身に痛痒い様な感覚を伴う快感に変わってきた。

「ひゃひぃぃ・・・ひゅひっ! ひゅいっ! ひゅごひいぃぃ!! もっろぉ! もっろ、いひめへぇ! ひゅひいぃぃ!!」

尻穴の肛襞とペニクリを電流で責められ、同時に敏感な柔肌と柔襞まで熱蝋で責められながら、祷子は肛膣から激しく淫らな腸液を噴出し、勃起ペニクリはビクン、ビクンと蝋を剥ぎ取らんばかりに痙攣している。

(いひいぃ! いっ、痛いわっ! お尻の孔っ! ケツマンコがっ! 祷子のケツマンコ、ビリビリして壊れそうっ! ひぎいぃぃ! ペニクリがっ! 痛いわっ! もう感覚が無いのっ! でも気持ち善いっ! 善いわっ! あぎゃあぁ! 熱いっ! 熱いのっ! 灼けるぅ! もっと! もっと酷く虐めてぇ! ママ、最低のシーメールマゾよ!? もっと苦しめてっ! 嬲って! 責めてぇ!!)

隣では静香が、更なる浣腸に啼き喚いて息子に懇願している。 彼女の肛襞はもう、グリセリン溶液で激しい痛みを伴う程痛めつけられているのだ。 同時に静香は、祷子と同様にもっと激しい、そして残酷な責めを息子に乞うていた。

「ふぎゅ! ぎゅひゅうぅう! もっろぉ・・・もっろ、いひめへぇ! いひめころひへぇ!!」

何発も何発も、限界まで浣腸された苦しみと同時に、容赦無く勃起ペニクリや菊門の肛襞まで熱蝋を垂らされ、そして鞭で激しくぶたれる。 その激痛と快感が入り交るシーメールマゾ牝の悦楽を、静香も白目を剥きながら激しく焦がれているのだった。

やがて2人の息子達が目くばせした。 同時に智也は祷子の肛膣と勃起ペニクリ、そして乳首への電流責めを最大限まで責め立てた。 そして母の美貌に蝋を近づけ、洗濯バサミに挟まれた母の舌先に熱蝋を垂らした。

「ぎゅひゅいいぃぃぃ!! ひゅぎゅっ、ぎゅひゅうぅうぅぅ!!!」

そして優哉がひと際激しく、母の静香の菊門の肛襞を力任せに何発も鞭打った。 パァン! パンパン、パァン! やがてそれは静香の下半身全体を激しく鞭打つようになり、勃起ペニクリまで鞭打たれた静香は、その激痛に美唇から白い泡を噴出して悶絶する。

「ぎゅひゅうぅぅう! ぎゅいっひゅううぅぅ!!!」

「ぎゃひゅ! ぎゅひゅっひゅううぅぅう!!!」

2人のシーメールマゾ淫母達は、残酷な息子達に加えられる激しい責めに悶絶しながら、全身が灼けつき、バラバラになる様な激しい被虐の快感の大波に、白目を剥いて美唇から泡を吹いていた。 そしてもう、何度目か判らぬ激しいドライアクメに、失神しながら逝ってしまうのだった。





「あひっ! あひっ! ひっひいいぃぃ! も、もう、許して・・・智くん、もう許してぇ・・・!!」

「ひあっ・・・あひっ、ひっ、おひぃ! ゆ、優哉さん・・・ダメっ! も、もう・・・もう、静香のケツマンコ、壊れてしまいますわっ! いひぃぃ!!」

和室の布団の上で、2人のシーメールマゾ牝淫母達が、肛姦の快感責めに咽び泣いている。 息子に組敷かれてその白く脂の乗った、輝く柔肌を汗で濡らしながら、ひたすら息子のチンポでケツマンコを犯され続けているのだった。

あの『お仕置き』の後も、2人の息子達は恥かしい、浅ましい、そして淫らで苦しい責めをシーメールマゾ牝淫母達に加え続けた。

深夜のホテルの廊下を、ケツマンコを息子のチンポに犯されながら、四つん這いになって端から端まで競争させられた。 祷子は3回、静香も2回、途中でケツマンコアクメを逝ってしまい、その度に廊下の床を精液で汚してしまった。

部屋のベランダに全裸で引き出され、大量の浣腸をされた上で極太バイブを挿入され、激しく肛襞を掻き回す快感と浣腸の苦しみに耐えながら、息子達の前で勃起ペニクリを扱いての露出オナニーを強要された。 祷子も静香も、恥かしさと露出被虐の狂おしさに咽び泣きながら、ベランダで何度も射精をさせられたのだった。

部屋の風呂場で、浣腸されてのフェラチオ奉仕。 最初は1リットルから始まり、先に息子に射精をして貰えた方が勝ち。 負けた方は1リットルの浣腸を追加される。 最後は祷子は5リットル、静香は6リットルもの浣腸液を腸内に注ぎ込まれ、とうとう許しも無く惨めにその場で脱糞してしまった。 2人ともその後、全裸で緊縛されてケツマンコには極太バイブを突っ込まれ、勃起ペニクリはペニスプラグを差し込まれた姿で、1時間の間、部屋の外に放り出された。

「あっ、あひっ! あひぃ! ゴリゴリ・・・! ゴリゴリ、ママのケツマンコ、擦っているわっ! 智くんのおチンチン、ママのケツマンコの襞々、ゴリゴリ削っているのぉ! いひぃ! 逝っちゃうっ! ママのケツマンコっ! 智くんのおチンチンで、また逝かされちゃうのぉ!!」

智也の肉棒が、ズブゥと長いストロークで祷子の肛道を捻る様に抉り、肛襞を張ったエラで掻き回す。 すでに狂おしい肛虐の愉悦を知ってしまった祷子の美肉は、自分の意思に反してヒクヒクと震え、肛唇が淫らに息子の肉棒を咥え込んで離さず、肛道全体で締めつける。

「はひっ、ひっ、おひっ! ゆ、優哉さんっ、優哉さんっ! そ、そこっ! そこばかり、虐めないで下さいましっ! あひっ! し、静香・・・静香、また逝ってしまいますっ! おひぃぃ!!」

隣では優哉が大きく腰を使って、母の静香のケツマンコの菊門から肛奥まで、ズブッ、ズブッとチンポよく勢いを付けて抉り抜く。 その度に静香は肛襞と前立腺を激しく抉られて刺激され、肛奥から湧きあがる淫靡な肛姦の快楽と、恥骨あたりから痺れる様な快感にペニクリを激しく勃起させ、その美貌を悩ましく歪ませて甘い悲鳴を漏らす。 頭の中は沸騰寸前だった。

「ママ! 許さないぞ! まだまだ、許さないぞ!」

「んあああぁぁ! と、智くんっ! ああっ、い、いやっ! も、もう、だめ・・・ああっ! いやぁ・・・!」

智也は四つん這いにさせた背後から、片手で母の祷子の美尻を鷲掴みにして、激しく前後に揺さぶりながら自分も腰を振っていた。 祷子のトロトロに灼け蕩けたケツマンコから、ジュクジュクと白濁した腸液の涎が垂れ流れる。 祷子は美唇から甘い被虐の悲鳴を漏らし、頭を振りまわしながら必死になって、息子が自分の肛膣の中で射精するまで、逝くのを堪えていた。

「ふふふ・・・母さん、そんなに腰を振り乱して、何がどう欲しいんだ? おねだりしてみなよ? ええ? 言ってみろ、母さんっ、静香っ! ほらっ! ほらっ! 言え! ちゃんとおねだりしろっ!」

「んひいいぃぃ! そ、そんなはしたない事を・・・ああっ! は、はしたないですわっ! いや! んひいぃぃ・・・!」

静香は両足首を持ち上げられて、恥知らずな大股開脚の様でケツマンコを息子のチンポで犯されながら、激しく美貌を振りたて声を引き攣らせる。 羞恥も露わに淫らな言葉を抑え込もうとするが、だが肛姦の悦虐の味を知ってしまった美肉は、双臀の肛奥からの痺れる様な官能的な熱い波を抑え込めない。 ズブ、ズブ、ズブと更に嵩にかかって静香のケツマンコの肛道を抉り抜く息子の優哉の肉棒の怒張がもたらす快美感に、静香は堪らず声を張り上げる。

「ああっ! ゆ、許してぇ! ママ、ママ、もうっ・・・! うひいぃぃ! と、祷子、ケツマンコで逝き狂っちゃうっ! ケツマンコで狂わせてぇ!!」

「ゆ、優哉さん・・・ご主人様っ! ど、どうかお慈悲を! 静香のケツマンコにお慈悲を下さいませっ! も、もう・・・! 静香っ、ケツマンコで逝きたいですわっ!!」

とうとう、屈服のセリフを半狂乱で口にした祷子と静香。 その2人の被虐美に満ちた姿を、満足そうな邪悪な笑みで見下ろした2人の息子達は、大笑しながら更に激しく肉棒でシーメールマゾ牝淫母達の肛壁を抉り抜きながら言う。

「あははっ! ママ! 祷子ママ! ママはもう、僕の極上のケツマンコ奴隷だよ! よしっ! 逝かせてやるよっ!」

「静香母さんっ! ケツマンコアクメで逝き殺してやるっ! いくよっ! 喰らえっ! 静香ぁ!」

「おひっ! おひひひいいぃぃ! いひいいぃぃ!!」

「ひいいいいっ・・・!! あううぅ! おひいいぃぃぃいぃ!!!」

智也が祷子の双臀の窄まりの最奥、淫靡な快楽に震えるケツマンコの肛奥に熱い精液を大量に解き放つ。 同時に優哉が高々と持ち上げた静香の美脚の根元、ケツマンコの奥深くまで肉棒を突き刺して肛奥の奥に射精した。 祷子は背徳の肛姦の官能を極めたばかりの双臀の芯を、灼熱の暴虐の液で灼かれるえも言えぬ被虐快感にのぞけり、静香は美貌を狂おしく振り乱し、獣の牝さながらの呻き声を零してマゾ啼きの絶叫を張り上げる。

その後もすっかり獣欲を滾らせた息子達によって、祷子も静香も自分のケツマンコを暴辱した息子達の肉棒に、イマラチオ奉仕を強要された。 息子達は母の美唇を無理矢理、そして思う存分に嬲り尽くして、猛る肉棒から熱い精液を射精する。 再び放たれた愛しい息子の精液を一滴残さず飲み干す祷子と静香の、2人のシーメールマゾ牝淫母たち。 そして再びその美唇でのフェラチオ奉仕で、射精した後の息子の肉棒を勃起させる様、強要される祷子と静香。

「んむ・・・あむ・・・」

祷子が美唇と美繊手、そして舌で繊細に、ヤワヤワと息子の智也の肉棒を愛撫し、媚びる様なシーメールマゾ牝奴隷に仕草で浜野の嗜虐心を挑発する。 母のシーメールマゾ牝の媚び姿とフェラチオ奉仕に満足した智也は、再び巨根を大きく勃起させた。 

「くっ! ママ、何て淫らしいんだ! くそっ、こうしてやる!」

「あひっ! あひひぃ!」

すると今度は駅弁スタイルで抱きかかえられ、祷子は大股開きでケツマンコを智也の猛った肉棒でズブズブと犯され、再びケツマンコアクメを極めさせられた。

「うんんむぅ! ああっ、だ、だめ・・・あううっ! お、お願いですっ・・・ああっ、も、もうお許し・・・おゆるしくださ・・・あううっ、おおうふうぅっ!」

「ふふ、静香母さん。 母さんの尻の孔は、ケツマンコは、本当に極上の淫乱道具だよ。 男を悦ばせる為だけの、変態シーメールマゾ牝の淫売孔だよっ! ほら! さっきから僕のチンポを咥えて離さないしなっ! 喰らえっ、この淫乱っ!」

いつにも増して、肛姦の背徳の官能が静香の肛肉に染み入る。 信じられない程、恥かしい肛虐の甘い悲鳴が漏れてしまう。 こんな浅ましい、惨めな矯声など・・・きっと、あの可愛らしい人が、息子さんに残酷に責められているからだわ。 だから・・・そう思えば思うほど、妖しい快楽が肛肉の奥深くから湧きだして、静香の美唇は戦慄き甘い悲鳴を漏らし、美貌を切なく振りたて身を捩って悶え啼いた。

「あっ、あひっ! うんんむぅ! ああっ、だ、だめ・・・あううっ! お、お願いっ・・・ああっ、と、智くんっ・・・! も、もうお許し・・・ゆるして・・・くださ・・・あううっ、おおうふうぅっ!」

ズリュッ、ズリュッ―――すでにトロトロに灼け蕩けた祷子のケツマンコから、淫らな腸液と何度も射精された精液が混ざり合った白濁液が滲み出す。 智也の肉棒がケツマンコを抜き差しする度に、淫猥な音が部屋中に鳴り響く。

「あっ、ああんっ、あんっ、あうううっ・・・も、もう、だめぇ・・・だめっ、だめぇ! し、静香、は、恥を晒しますわっ! ケツマンコのっ! は、恥を晒してしまいますぅ!!」

妖しく灼け爛れる肛道の最奥から、次々と押し寄せる肛姦の悦虐の甘美感に、静香はもう口を閉じる事も出来ない。 狂おしく美貌を振り乱して、ネットリと濡れ光る美体を捩りたて、戦慄く様に淫らな声色の悲鳴を上げて善がり啼くばかりだ。 そしてその度に静香の勃起し、痛いほど怒張したペニクリの鈴口から、透明な先走り汁が溢れ出て来る。


「逝けよっ! 逝けって、ママっ! ケツマンコで絶頂アクメ、逝けよ、祷子ママっ! 逝って恥を晒せよっ! 祷子ぉ! くうぅぅ!!」

「喰らえッ、静香ッ! 僕の精液、一滴の残らず、静香のケツマンコの中に射精してやるっ! くおっ!!」

「ひいぃああぁぁああぁっ! いやああぁぁああぁぁっ・・・!」

ズシンッ! 激しい衝撃にも似た感覚の大波が、祷子の総身を襲う。 体中が痺れ、空を蹴り上げた美脚の爪先から脳天まで突き抜ける様に、体中が重く灼け蕩けて行く様な肛虐の妖しい絶頂感―――アナルコイタスに飲み込まれた祷子が、肛姦の熱を吐き出す様な悲鳴を上げた。 

山形が最後の大きな一突きを美冴のケツマンコの最奥に、肛肉を抉り取る様に突き入れて同時に射精する。

「いひいいぃぃっ!!! ひいいぃぃぃっ! おほぉぉううぅぅ! ひいぃっ・・・!!!」

静香は背徳の肛姦の絶頂を迎えた肛道の最奥に、熱く滾る灼熱の精液を注ぎ込まれ、えも言えぬ妖しい快感の大渦の中で美貌を狂おしくのたくらせた。 愛しい息子に貪り食われ尽す、哀れな牝母の呻きを漏らす。 ビクンッ、ビクンッと激しく痙攣するペニクリから大量の精液を噴出して、総身を仰け反り戦慄かせて絶頂を迎えた。





蒲団の上で気を失ったかのように倒れ込み、美尻をヒクヒクと痙攣させて横たわる祷子と静香を見ていた息子の智也と優哉は、こんな極上のシーメールマゾの美牝を思う存分貪り尽くせるのなら、今後もお互いのシーメールマゾ牝淫母達を交換し合って嬲り尽くすのも良いか、そう思った。 

「祷子ママは素晴らしく感度の良い、極上の被虐ケツマンコの持ち主だね。 嬲れば嬲り尽くす程、ケツマンコが被虐の旨みを滲み出て来るようだよ」

「それを言うなら、静香ママもそうだよ、優哉さん。 何度も搾り取られちゃったよ。 それにあの感じ易いマゾ乳首! 静香ママのマゾ乳首は、傷めつければ痛めつけるほど、マゾの快感を与えるって判ったよ。 僕の祷子ママ以上じゃないかな?」

「祷子ママのマゾ乳首も、かなり極上のマゾ乳首だったよ。 彼女のマゾ神経は、ペニクリとケツマンコに直結している―――そう思うと、まだまだ責め足りない。 もっともっと激しく責めて凌辱し尽くして、このシーメールマゾの美牝をとことんまで貪り尽くして、被虐の絶叫の美声を絞り出させたい。 そんな欲情が収まらないよ」

気を失っているシーメールマゾ牝淫母達から離れて、窓際でスポーツドリンクを飲んでお互い一服していた智也と優哉が、お互いのシーメールマゾ牝淫母の淫らで極上のケツマンコを、称賛し合っていた。

「どうだい、智也君。 これっきりなんて、お互いにつまらないじゃないか?」

「そうだね。 僕も静香ママのケツマンコを、もっと嬲りたい。 虐めて、嬲って、責め尽くした後で、散々犯してやるんだ・・・」

「じゃあ、決定だね。 どうだろう? お互いに平日は都合が有るだろうから・・・君の高校、土曜日は?」

智也が通う高校は、部分的に単位制を導入している。 そして成績も優秀な部類に入る智也は、土曜日の授業は選択していなかった。

「うん、休みだよ。 どうだろ、優哉さん? 金曜日の夜から日曜日の夜まで、お互いの母親を交換して嬲り責め合う、っての?」

「いいね、それ。 お互いの家で嬲り責めても良いし、連れ出して犯しても良い。 お互いに遠慮は無用で行こうよ。 静香は君も気に入ると思うよ」

「うん、静香ママを思いっきり、マゾ啼きさせなながら、ケツマンコを思う存分、嬲り責めて犯したいよ。 優哉さんも僕のママ・・・祷子ママを遠慮なしで嬲ってよ」

「楽しみだよ・・・どんな責めをしようか? 今の季節だったら、露出の大きな恥かしい服を着せて、ケツマンコにアナルバイブを突っ込んで、街中を連れ回すのも良いな」

「電車の中で、ケツマンコを責めるのも面白そうだよ。 それか、映画館の暗い中でケツマンコにバイブを突っ込んで、それでペニクリオナニーさせながらフェラチオさせようかな・・・」

そんな事を話しながら、智也と優哉はお互いのシーメールマゾ牝淫母の乱れて気を失っている裸体を見た。 祷子も静香も、綺麗な艶やかな髪は激しく乱れ、美貌と美裸身を脂汗でぬらぬら光り輝かせている。 そして股間のペニクリは無意識にピクピクと打ち震え、ジュクジュクと白い精液を垂れ流していた。 ゴクリ―――思わず生唾を飲んでしまう。

「・・・なにはともあれ、このシーメールマゾ牝達は、僕らの共有のケツマンコ奴隷だって事さ」

「うん。 って言うか、共有の精液便所だね」

そして激しい責めに、シーメールマゾ牝の激しいマゾアクメで気を失って、布団の上に眠り込んでいるシーメールマゾ牝淫母達には、息子達がそんな悪魔的な取引をしているだなど、知る術も無かった。
スポンサーサイト
[PR]

theme : ニューハーフ/シーメール
genre : アダルト

web拍手 by FC2
2013-08-04

シーメール淫母・祷子 5話

着物07

「そう・・・そこだよ、ママ。 もっとネットリ・・・舌全体で舐め回してよ」

「んんっ、あむぅ・・・んちゅ、んちゅうぅ・・・んんぐっ!? んんふぐうぅ!」

総檜風呂の縁に腰かけた智也が、息子の股間に蹲ってそのペニスを頬張る母の祷子の髪を摘みながら、上下に揺さぶる。 母の祷子はタオルで両手を後ろ手に縛られ、美乳の上下を浴衣の細帯で括れる程縛られた全裸姿だ。 祷子は簀の上に正座して息子の股間に顔を埋めながら、淫らな音を立てて美唇と舌で息子のペニスに奉仕していた。 だが、突然喉の奥までその若い怒張を突っ込まれて、苦しげな悲鳴を上げる。

そんな母の祷子を見降ろしながら智也が、両足の足裏で祷子のペニクリを挟みこみ、足コキで激しくペニクリを扱く。 その圧迫感に呻きを上げながら、祷子は倒錯した快感の虜になっていた。 息子に有無を言わさず連れ込まれた、貸切の筈の露天の家族風呂。 訝しげな祷子に智也は『いいから、ちゃんと取ってあるから』と言っていたが・・・祷子の記憶には無い。

「こうされるのって、好きなんだろう? ママ。 抵抗出来なくって、力づくで服従されて・・・汚される事をさ」

(ああ・・・知られてしまったのねっ!? そうよ、ママ、虐められるの、好き・・・!惨めで可哀そうで・・・ママの身体を貪り尽くされるのよ! ああんっ、だめぇ・・・興奮させないでぇ・・・)

モジモジと美尻をくねらせながら、ペニクリを息子の足で嬲られつつも、手を使わずに頭を前後させて口中と美唇で息子のチンポにフェラチオ奉仕をする祷子。 外からは見えないが、それでも人の声や物音は聞こえる。 生垣ひとつ隔てた露天風呂で、惨めな緊縛姿で息子のチンポにフェラチオ奉仕する、シーメールマゾの牝母・・・そんな自分の姿を想像しただけで、息子の足裏で扱かれているペニクリがビクン、ビクンと痙攣する様に勃起するのが判る。

「あ、ママ、今ペニクリを痙攣させたね? 淫らな事考えていたんだろう?」

「んんっ! んんっ、んっ、んひゅっ!」

イヤイヤ、と首を振りながら、息子のペニスを頬張って上目づかいに否定する祷子。 羞恥と湯気に、艶めかしく滑らかな白い肌が、朱に染まっていた。

「へええ・・・? 本当に? 嘘だったら、もっと恥かしいお仕置きだよ?」

息子のその言葉に、またペニクリがビクビクと痙攣し、肛膣の孔がキューっと締まるのが判る。

(ああん・・・嘘よ、ママ、恥かしい事を妄想していました・・・ここでママ、智くんにケツマンコを散々犯されて・・・ザーメンをお尻の孔から噴出しながら放置されるの・・・次の人達に、ママの浅ましいシーメールマゾ淫母の浅ましい姿を晒して・・・散々、罵倒されて、変態って言われて・・・ああんっ! ママ、またペニクリ勃起しちゃうわっ!)

やがて息子のペニスを頬張りながら、チュバチュバと淫らな音を立てて無心にフェラチオしながら上目遣いに見上げる祷子の瞳は、淫らで浅ましいシーメールマゾ牝淫母の被虐の熱望を湛えた牝の瞳の色を浮かべ始めた。

と、その時・・・

「へえ、早速やっているんだね、智也君」

入ってくるはずの無い他人。 そして声。

「んんひゅ!? ひゅ、ひゅうぅ!!」

「こら、ママ! フェラチオを続けるんだよ! ほら! さっさと僕のチンポを咥え直せよ!」

暴れ始めた祷子の髪の毛を掴んで、乱暴にグイグイと上下に揺さぶる智也。

「んんっ! んぐっ、ぐひゅ!」

「ふぅん・・・小柄で可愛らしい感じのお母さんだなぁ・・・ねえ、母さん、どう思う?」

「んひゅ!?」

その言葉に、強制フェラチオ奉仕をさせられている祷子が、智也のチンポを咥えながら悲鳴を上げた。 まさか・・・女性も!?

「へ~、その人が優哉さんのシーメールマゾ牝ママさん? 綺麗な人だねぇ」

「うっ・・・ゆ、優哉さん・・・ゆ、許して・・・こんな事、堪忍・・・」

優哉の後ろには、これまた豊かな美乳を細い麻縄で上下に絞り出す様に緊縛され、勃起したペニクリの根元と亀頭を細紐で厳しく括られた格好の美女・・・優哉のシーメール義母の静香が、恥かしげに両手を後ろに括られた格好で入って来た。

「何言っているの、母さん。 今夜はここで、智也君のシーメールマゾ牝の祷子ママと一緒に、散々辱めてやるって、言っただろう?」

「ああ・・・そ、そんな・・・母さん、恥かしいわ・・・」

パァン! パン、パァン! 優哉が恥じらいで困惑するシーメール義母の白い美尻を、真っ赤な手形がつく程度の勢いでスパンキングする。

「ひっ! あひっ! ゆ、許し・・・あひいっ!」

「殊勝な事を言うなよ、母さん。 母さんは辱められて、嬲られるのが大好きな、変態で淫乱のシーメールマゾ牝だよ。 ほら、そこの祷子ママも息子のチンポを美味しそうにしゃぶっているじゃないか。 ママも負けたら・・・素っ裸でホテルの廊下、引き摺り回すぞ!?」

「ひっ! ゆ、許し・・・お許し下さい、優哉様! ご、後生でございます! そ、そればかりは・・・!」

「じゃあ、さっさと僕のチンポを咥えるんだ、このシーメールマゾ牝!」

「は、はい・・・ゆ、優哉様・・・ど、どうぞ、この浅ましい変態のシーメールマゾ牝の静香に、優哉様の逞しいおチンポを・・・ほ、奉仕させて下さいませ・・・」

そう言うやそのシーメール美淑女は緊縛された姿のままで膝まづき、仁王立ちの息子の股間に顔を埋めてそのチンポを愛おしげにしゃぶり始めた。

「へぇ~、優哉さん、様付で呼ばしているの?」

「そうだよ。 この牝は僕のシーメールマゾ奴隷母だからね。 誰がご主人様か、判らせる事は大事だよ・・・静香、さっさと悲鳴を上げろ!」

そう言うや優哉は、股間で自分のチンポを咥えてフェラチオ奉仕しているシーメール淫母の髪を掴むと、上下左右に激しく揺らし始めた。

「んぐっ! ぐひゅっ、むぎゅうぅぅ!!」

「へえ・・・こっちも負けていられないな。 ほら、ママ! 静香ママに負けちゃダメだからな!」

「んぐひゅ! ぐひゅっ、んんっ!!」

智也も負けじと、祷子の頭を掴んで荒々しく揺さぶり始めた。 2人のシーメール淫母たちはお互いの事を知る余裕も無く、残酷な息子達によって荒々しい強制イラマチオ奉仕をさせられ続けたのだ。

「おぐっ、ふぎゅ、んんぐふうぅぅ!!」

「んんっ、んっ、んひゅ! ぎゅひゅううぅぅう!」

今も可憐な愛らしさを残す美貌の祷子。 嫋々とした美淑女の美貌の静香。 2人は苦しげな悲鳴を上げながら、息子のチンポに奉仕を強制され続け、同時にそのペニクリを無意識にビクン、ビクンと震えさせながら勃起させた。 鈴口からは透明な先走り汁を、祷子も静香も垂れ流している。

(ああ! だ、誰!? 誰なの、あの人は!? ああ、く、苦しい! 智くんのおチンチンが、ママの喉の奥を犯しているわ! んはぁん! ああ、あの人も・・・凄い咥え様だわ、あんなにバキュームフェラを・・・いやよっ! 負けたくないわっ!)

無意識に祷子は、名も知らぬ美しいシーメールマゾ美女に嫉妬の炎を燃やし始めた。 その姿にニンマリとする智也。 恐らく母は、もう1人のシーメール美女の姿に嫉妬するだろう、そう想像していたからだ。

「くっ! そろそろ出すぞ、静香! 全部飲み干せよ!?」

「あくっ! ママ、全部、ママの喉の奥に流し込むからなっ! 吐き出したら許さないぞ!」

そう言いながら、一気にラストスパートを始めた2人の息子達。 祷子の口の中で、智也のチンポがビクビクと脈打って痙攣を始めた。

「だ、出すぞ! 飲め!」

「くうっ! 出るっ! 飲めよ、ママ!」

2人して同時に射精の絶頂に達した息子達。 そしてその射精を受け止めるシーメール淫母たちは・・・

「んんっ!? んぐっ、んひゅうぅ!!」

「ぐっ! ぐひゅ! んんぐひゅ!!」

祷子の口の中で、智也のチンポがビクン、ビクンと脈打った。 同時に熱くネットリとした液体が、勢い良く祷子の喉奥を叩く様に放出される。

「んぐっ! んんっ、んっ、んんぐううぅ!!」

「ぐひゅ! んんぐっ、んぐっ、ぐひゅ!!」

目を見開いて、涙目になりながら息子の股間に顔を埋める祷子。 ギュッと目を瞑り、喉奥を灼けた熱い精液で犯されるのを耐える静香。 2人のシーメールマゾ淫母たちは、果てしなく続くかと思う息子達の射精の間、必死になってその精液を零すまいと苦しげに口の中に溜め続けた。

「・・・くうぅぅ、出したぁ・・・」

「ふう・・・僕もだよ。 まだ飲み込むなよ、母さん、静香。 智也君、そっちは?」

「うん。 おっと、ママ。 まだ飲み込んだら、ダメだからな」

涙目になりながら、大量に咥内射精された息子の精液を口に含み、上目づかいに見つめる祷子と静香。 そんな淫らで被虐の美しさに満ちたシーメールマゾ牝淫母たちの姿を、息子達は楽しそうに鑑賞している。

「智也君のお母さん、小柄だけど、凄いグラマーだね。 あのおっぱい、真っ赤になるまで鞭打って楽しみたいよ」

「優哉さんのママも、凄く綺麗な肌だね。 餅肌って言うの? 特にあの、真っ白なお尻! 腫れ上がるまでスパンキングしたら、さぞ良い声で啼くんだろうねぇ!」

息子の射精した大量の精液を口に含まされたまま、緊縛された浅ましい姿を露天風呂で晒されるシーメール淫母たち。 2人とも恥かしさでペニクリは勃起しまくり、先っぽからは透明さ先走り汁が止めどもなく、垂れ続けている。 全身が羞恥で真っ赤に染まっていた。

「さて・・・ここで一気に飲み込ませちゃ、面白くないよね?」

「判っているね、智也君。 取りあえず君のお母さんのペニクリ、これで縛りなよ」

そう言って優哉から手渡された細紐で、祷子は勃起ペニクリの根元と亀頭の括れをギューッと縛りつけられてしまった。

「んんっ、んひゅ、ひゅ!」

「んひゅうぅぅ・・・んんっ、んっ、んっ!」

息子の精液を口に含みながら、ペニクリに加えられる責めに呻く、2人のシーメールマゾ牝淫母達。 そんな哀れな母達の姿を見ながら、残酷な息子達は何やらひそひそと話している。 そして互いにニヤリと笑うや、真っ白な祷子の美尻を、白く輝く様に脂の乗った熟れた静香の美尻を、同時にパァン! パァン! と、掌でスパンキングし始めた。

「くひゅ!? んんぎゅ!!」

「んひっ! ひっ、ひひっ!!」

思わず口に含んだ精液を噴出しそうになりながらも、必死に堪えてくぐもった悲鳴を上げるシーメール淫母達。 美尻をぶたれる度に、祷子の美乳がプルン、プルンと弾け、静香のペニクリがビクン、ビクンと痙攣する。

「んひゅ! ひゅ! ひゅるひへぇ!」

「ひゃひっ! ひゃいっ! ひょ、ひょひゅるひぃ!」

祷子はギュッと目を瞑り、背を逸らして内股をブルブルと震わせながらも、赤く染まり始めた白い美尻を振りながら許しを懇願する。 静香は微かに首を捻り、哀れっぽく艶っぽい被虐の表情で息子を振り返りながらも、脂の乗った美尻をクネクネと振りながら、加虐の欲情に猛る息子を誘う様にか細い声で懇願する。

パァン! パァン! パァン! 露店の湯船に、柔らかな美肉をたたき続ける音が響いた。 その度に2人のシーメールマゾ美女たちは、母と言う身を忘れそうになりながらも、息子の欲情を受け止める為に、ペニクリをブルブルと震わせながら、肛膣の入口のヒダヒダをパクパクと震わせて、色っぽい被虐の仕草で恥かしいお仕置きに耐える。

「どうだ! ママ! 精液零すなよ!? 零したら、そのままの格好で外に引きづり出して、引き廻してあげるからね!」

「んっ~! んんっ、んっ、んんっ~!」

「母さん、静香、判っているよね? そちらの可愛らしいシーメールママに負けたら・・・ここで素っ裸のままで放置して、捨てるからね?」

「ひゅぐっ! んぐっ、んんっ!」

息子達はスパンキングと同時に、自分のシーメール淫母の肛膣を指で嬲り始めた。 2本、3本と母の柔らかく熱い尻穴に指を入れ、グリグリと掻きまわす。 コリコリとした前立腺を指先で何度も、何度も引っ掻いては母に悩ましげな悲鳴を上げさせ、同時に片手でバシッ! バシッ!と勢い良くその美尻をスパンキングする。

「よし、そろそろ蕩けてきたかな・・・そうだい、智也君、交替しないか? 僕に君のママを嬲らせてくれよ。 代わりに君は、僕の母を好きにしていいからさ」

「えっ? いいの? じゃあ・・・ママ、優哉さんにたっぷり可愛がってもらってよ。 僕は彼のママを虐めたいんだ。 どうだい? 凄く美人だろう? 何て言うのかな、淑女でマゾの淫売って言うか・・・ね?」

「んんっ!? んんっ、んひゅっ! んんっ~!!」

(そっ、そんなっ! 酷いっ! 酷いわ、智くん! ママの事、飽きちゃったの!? そっちの綺麗な人の方がいいのっ!? ママ、もっと恥かしい事するわ! もっと嬲って、虐めても良いのよっ!? 智くんの尻穴奴隷になったんだからっ! いやよ! 他の人を虐めないでぇ! ママだけを虐めてぇ!)

祷子は混乱の中で、露天風呂で見知らぬ母子と同時に尻穴を責められるという、シーメールマゾ牝の被虐の情欲に酔いしれながら、他の美しいシーメールマゾ牝に目移りしかけている愛おしい息子へ嫉妬の欲情を滾らせていた。

「あれ? ママ、尻穴がギュウッて締まったよ? ほら、ここなんか、尻穴の襞が絡みついて・・・ほら、乳首もこんなに尖って! ほら! こうして強く摘み上げて欲しいんだろう!?」

「んぎゅ!? んんぎゅひゅうぅぅぅ!!」

(あ、あひっ! 痛いっ! 痛いわっ、智くん! で、でも・・・ママ、おっぱい委託されるの、大好きなのっ! マ、ママのおっぱい、もっとプリプリして虐め甲斐があるわっ!? ペニクリも、もっと虐めて言いのよっ! ギューッて、引き絞る位に縛りつけて、ひっこ抜ける位に引っ張り回して欲しいわっ!)

スパンキングと尻穴責めに、温泉では無く肛虐の被虐快感に脂汗を滲せながら、祷子は心の中で必死に息子を繋ぎとめようとしていた。 白く輝く様な、脂の乗った美裸体が、クネクネと色っぽく蠢きながら、息子の指を咥え込んだ肛膣の尻穴をキューっと締め付けて離さない。

(ママ、射精我慢するわっ! ペニクリが麻痺しても良いのっ! もっとケツマンコ、弄り回してぇ! ああ!? いっ、いいわっ! そ、そこっ! そこ、もっとグリグリ虐めてぇ! ママ、そこ弱いのぉ! そ、そこっ! ペニクリ、逝っちゃいそうよぉ!!)

ペニクリがビクビクと上下に震え、鈴口から透明な先走り汁が滴れ落ちる。 壮絶なシーメールマゾ牝淫母の、息子への背徳の求愛だった。 智也はそんな母の淫らな姿に目を奪われながらも、隣で嫋々とした啼き声を上げて息子の責めに苦しんでいるシーメール美熟女の姿に、一層目を奪われていた。

祷子の必死の哀願も叶わず、智也は祷子の身体を離れた。 そして隣で嫋々と啜り泣いている、ゾクッとするほど色っぽい、シーメール美熟女の美尻を掴んで・・・パァン! と1発、その美尻を叩く。

「・・・静香さん、静香母さん、静香ママ・・・宜しく。 これから、滅茶苦茶に虐めてあげるよ・・・」

智也のそんな声を、絶望的な気持で聞いた祷子の耳元に、別の若い男の声が聞こえた。

「ふふ・・・はじめまして、祷子さん、祷子ママ。 祷子ママのケツマンコも、ペニクリも・・・その堪え将の無いマゾ乳首も、虐め抜いて調教してあげるから。 失神するまで・・・失神しても、許さないよ?」

「ぎゅひゅっ!? んんひゅひいぃぃぃぃ!?」

悪魔の様なその声が聞こえた瞬間、祷子は肛膣の中いっぱいに広がる、灼熱の熱棒が突っ込まれたのを思い知り、喉を響かせて悲鳴を上げた。 その瞬間、口に頬張った精液が美唇の端から一気に飛び出した。

「はは・・・これで、祷子ママの負けだね。 お仕置き決定だな。 智也君、良いよね?」

「ああ、いいよ、優哉さん。 堪え将の無いママに、散々お仕置きしてやってよ。 くっ! 凄い締りだな! 静香ママのケツマンコはっ・・・!」

2人のシーメールマゾ牝淫母達は、お互いに息子では無い若い男の、灼けるように熱い肉棒を肛膣の奥深くまで受け入れ、突き上げられ、肛襞と前立腺を抉られ続けながら、喘ぐように美乳を上下させてヒィ、ヒィと、尻穴を犯され、責め続けられるシーメールマゾ牝の被虐の歓喜に、ペニクリから先走り汁を大量に漏らしながら悲鳴を上げ続けた。

2人のシーメール淫母が、口の中の精液を飲み干す事を許されたのはそれからずっと後。 息子達のいきり立ったチンポで肛膣の奥深くまで犯され、声も出せずにマゾ啼きさせられて、尻穴の奥深くに射精されたと同時だった。





「んっ! んぶぉ! んんぐぅ!」

「ひゅふっ、んっ、んっ!」

観光ホテルの一室、16畳ほどもある和室で2人のシーメール淫母達の呻き声が漏れている。 祷子は、旅で知り合ったもう1人のシーメール淫母、静香と共に全裸で責められていた。 大きな座卓をひっくり返し、その脚に両膝を括りつけられて寝転がされている。 自然にM字開脚の様に、股間が大きく開いて小振りなペニクリも、股間の奥の慎ましやかでいて淫らな尻穴の菊門の襞まで、全てが曝け出されていた。

「ほら、ママ、しっかり味わいなよ。 これが僕のチンポの味だからね」

「静香、忘れるんじゃないぞ? お前のご主人様のチンポの味をね」

祷子と静香は、寝転がされた上に美乳を上下に荒縄で縛られて、両手を後ろ手に拘束されている。 その上でアイマスクを被さされていた。 腰の下には二つ折にした座布団が2重にして押し込まれている。 そう、2人のシーメール淫母は両足をM字開脚に広げさせられ、ピクピクと痙攣するペニクリを晒しながら、上半身を緊縛された格好で視界を奪われて、その上で息子のチンポに強制奉仕させられていたのだった。

「んっ! んごっ! ごほっ!」

「んんっ! んふっ、ふっ! ふんんっ!」

智也と優哉・・・2人の息子達は、美しく淫らなシーメール淫母の目隠しされた頭を掴み、さっきから執拗にイラマチオを強要していた。 かと思えば、口からチンポを抜き出して、シーメール淫母達の美貌にその猛った肉棒を何度も何度も、擦りつける。 まるで自分の匂いをなすりつけて、所有権を示す様に。

「さぁて・・・そろそろ良いかな? ママ達もしっかり味を覚えた頃だろうし」

「そうだね。 じゃあ2人とも、これからクイズだ。 今から2人に僕らのチンポをフェラチオして貰う。 で、どっちのチンポか・・・それを当てて貰うよ」

「外れは、お仕置きだからね・・・精一杯、僕のチンポの匂いを思い出しながら、フェラするんだよ? いいね、ママ?」

そう言うや、智也と優哉の2人は無言になった。 無言になって、暫く祷子と静香から離れ・・・そして視界を奪われた祷子と静香に近づく足音が聞こえた。

「あ・・・あん・・・あむぅ、んちゅ、ちゅうぅ・・・」

「あはぁん・・・ああ、ちゅ、ちゅぅ・・・」

すっかり異常な母子相姦の欲情に流されていた祷子と静香が、不意に美唇に当った熱い肉の感触に、直ぐにしゃぶり始め、頬張り始めた。

「んんっ、んちゅ、んちゅ・・・」

「んっ、あむっ、ふひゅぅ・・・」

ペチャペチャと、淫らな唾液交じりの音を立てながら、淫らしくフェラチオ奉仕するシーメール淫母達。 少しでも愛しい息子のチンポの味を思い出すかのように、美貌を紅潮させながら髪を振り乱して舌をはわし、美唇で愛撫する。 だがそんな彼女達の奉仕をあざ笑うかのように、不意にチンポが口から抜き取られる。 そして・・・

「あ、あんっ! ああ・・・んんぐっ!?」

「んはっ・・・はあ、はあ・・・おぐうぅ!?」

今度は入れ替わって、それぞれ別のチンポがシーメール淫母達の口中に突っ込まれた。 恐らく腰の動きだけで挿入しているのだろう。 口中で上下左右、更には喉奥まで、勢い良く熱い肉棒が咥内を犯す。 祷子も静香も、それを必死になって舌で舐め回し、頬張って吸い込み、顔を前後させて喉奥で猛る肉棒を愛撫する。

そのチンポの抜き差しは、結局5回行われた。 1回ごとの時間は短く、今がどちらのチンポかはっきりしない・・・祷子は内心で焦った。 息子の、愛しい祷子のチンポは、一体何回目だったのか・・・

「じゃあ、質問するよ? 祷子ママ、『僕の』チンポは、何回目と何回目だったかな?」

「静香さん、僕のチンポは何回目に咥えました?」

「あ・・・あ?」

「はあ、はあ・・・そ、そんな・・・」

祷子も静香も、唖然とした。 よりによって『他人の息子』のチンポを咥えてフェラチオ奉仕させられたのが何回目なのか、それを答えるとは・・・知らず知らず、祷子は股間のペニクリを勃起させていた。 

「あ・・・あ・・・1、1回目・・・と、4回目・・・?」

静香が自信無さげに答える。

「あの・・・あの・・・ああ、堪忍・・・3回目・・・ううん、5回目・・・」

祷子も、腰をモジモジと揺らしながら、自信無さげに答えた。 ペニクリがピクピクと震える。 内心で祷子は、最初のチンポは智也のチンポだと感じていた。 フェラチオをした瞬間、尾骶骨から背筋を通ってゾクゾクとした痺れる様な感覚が走った、あの瞬間。 そして勃起したペニクリと一緒に、祷子の口の中でビクン、ビクンと跳ねまわる様に暴れたあのチンポ・・・

「あは・・・ははは、残念! 静香さんには、1回目と3回目、それに5回目が僕だよ」

「祷子ママ、僕のチンポは2回目と4回目さ。 さぁて、これで2人とも見事に外れたね。 1回でも当ててりゃ、考えてやっても良かったのにね」

「残念だよ、ママ。 ママはまだ、僕のチンポの味も覚えてくれていなかっただなんてさ・・・」

その言葉に、祷子の胸がズキッとする。 慌てて弁解じみたいい訳をする祷子。

「ち、違うの! 違うの、智くん! ママ、ママ・・・まだ、智くんにご奉仕が足りなかったから・・・もっと、ママにご奉仕させてっ!? ママ、智くんのおチンチン、いっぱいおしゃぶりするわっ! 毎日、毎朝、毎晩! 精一杯、ご奉仕しますっ! 智くんのおチンチンの味、ママに教え込ませて・・・!」

そう言いながら、視界を奪われたままで、縛られた美乳を揺らしながら、ペニクリをピクピクと震わせて息子にマゾのシーメール淫母の奉仕を願う祷子。 そして・・・

「ああ・・・優哉さん・・・ど、どうぞ、浅ましくて馬鹿なシーメール牝奴隷の静香に、もう一度チャンスを下さいまし・・・静香に、もう一度・・・もう一度、優哉さんのおチンチンをしゃぶらせて・・・」

静香も、上品なシーメールマゾ淫母の色香を滲ませるように、脂の乗り切った白く輝く美乳を振り乱しながら懇願していた。 祷子のそれより、少しだけ大きめなペニクリからは、鈴口から透明な先走り汁が溢れだして漏れている。

「だ・め・だ・よ! お仕置きさ、僕らの楽しみが無くなるじゃないか」

「静香、それに祷子ママ。 遠慮せずに、悲鳴を上げなよ? ああ、違うか、善がり声かな?」

そう言うや優哉が、持ってきたキャリーケースから色んな小物を取り出した。 極太から極細までの数種類のアナルバイブ。 卵型の小さなローターもある。 各種ボディクリップに低周波パルス器、拘束具。 蝋燭に浣腸器とグリセリン浣腸液・・・

「さぁて・・・たっぷり啼かせてあげるよ、ママ」

「僕のチンポを覚えていないなんて、許さないからな、静香。 ケツマンコが壊れるまで、お仕置きしてやるよ」

残酷な息子達の声に、恥知らずなシーメールマゾ牝淫母達はケツマンコから、ジュクジュクと淫らな腸液を滲み出す。 そしてビクビクと痙攣する勃起ペニクリを、腰を振るって揺らしながら透明な先走り汁を滴らせる。 シーメールマゾ牝の被虐の期待に潤んで濡れた瞳で、愛しいサディストの息子達を見上げて言うのだった。

「ああ・・・ゆ、許してぇ・・・智くん、ママに・・・ママを、智くんのシーメールマゾ牝奴隷に、躾け直して下さい・・・」

「堪忍・・・堪忍・・・して下さい・・・優哉さん・・・静香に、静香に・・・どうぞ、お仕置きを・・・」

theme : ニューハーフ/シーメール
genre : アダルト

プロフィール

鳶屋唐丸

Author:鳶屋唐丸
徒然に日々の妄想を書き連ねる艶本書きの親爺。
名は、お江戸の浮世絵版元『蔦屋重三郎(つたや じゅうざぶろう)』から。
重三郎の狂歌名、『蔦唐丸(つたのからまる)』をもじって

『鳶屋唐丸』

でも『つたや』じゃねぇぜぃ、『とびや』でい!


【鳶屋の娘一同より】
コメントを頂ければ、鳶屋の親父様も喜ばれますわ。
相互リンクも、お待ち申しあげております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳶屋の艶本カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

変態なんです

アダルトブログ宣伝ブログ

彷徨う心

男の娘M

OL夢華の秘めごと遊び

★中出し「for you」

ニューハーフ動画 Japanese shemale porn

セクシー動画案内

マン汁は飲み物です
QRコード
QR